株の図書館

株の図書館

サイト再構築中っす!!!

MENU

アンジェスも日本化薬もナノキャリアも撃沈いたしました。

アンジェス、お前もか。

日本化薬、お前も?

えぇ!?ナノキャリア、お前もか!

ええい!!しっかりせんかぁ!!

 

 

バイオセクターには厳しい結果が続く

アキュセラに始まり、アンジェス、日本化薬、ナノキャリアと、承認申請間近と期待されていた新薬の治験失敗(と言っても良い状態)が続いています。

薬事法改正などで創薬環境も良くなり、「そーせい」の躍進もあって、今年のバイオは何かが違うと思わせるような勢いがありましたが、、、

ハイリスク、ハイリターン。

難しいなぁ、バイオ株は。

アンジェス、アトピー性皮膚炎治療薬の承認申請が遠のく

f:id:tomo0009:20160706003051j:plain

7月5日、アンジェスMG【4563】は「NF-κBデコイオリゴDNAアトピー性皮膚炎治療薬(軟膏製剤)」国内第III相臨床試験(P3)の結果(速報)を発表しました。

主有効性評価部位(顔面)の「皮膚症状スコア」の変化について、NF-κBデコイオリゴDNA投与群とプラセボ投与群の間で統計学的な有意差は示されないという結果に。

試験の詳細な結果が得られ次第、今後の方針を考えるとの事です。

まぁ、年内の承認申請は厳しいでしょうね。。。

P2と同じ結果とも?

元々、「皮膚症状スコア」についてはP2でも有意差は示されていませんでしたが、「副次評価項目」の結果が良好だったために、P3へ進んでいました。

つまり、P2と同じ結果だともとれます。

まぁ、「副次評価項目」についてはこれから詳細に解析を行うようですが、仮に結果が良好であっても「主要評価項目」の判定が覆る可能性は無いに等しいので、たどり着く結果は概ね同じだと思われます。

日本化薬、ナノキャリアの抗がん薬のⅢ相はネガティブな結果に

f:id:tomo0009:20160706003458j:plain

7月5日、日本化薬【4272】は、ナノキャリア【4571】と共同開発を行っていた「新規抗がん薬内包高分子ミセルNK150」の第III相臨床験結果を発表しました。

同薬の転移・再発乳癌を対象とした第III相臨床試験において、「主要評価項目」が達成されなかったとのこと。

本試験におけるNK105の有効性および安全性に関する詳細な解析を実施し、その結果は学会で発表されるようです。

P3失敗と言い切る事は出来ませんが、限りなく厳しい状況ではあるでしょう。ナノキャリアの中富社長が「上市確実」と思わせる様な発言をしていただけに、残念な結果となってしまいましたね。

学会での発表

少し気になったのが、わざわざ「学会」で発表をするという事。

何か重要事項でもあるのかな?なんて思ってしまいますが、、、まぁ、短期的には希望が持てない事には違いないでしょうか、、、


※本文は信頼出来る情報を元にした自己見解です。内容に関する正確性の保証は出来ませんので、あしからずご了承下さい。
※投資判断、売買は自己責任でよろしく!