株の図書館

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株の図書館

サイト再構築中っす!!!

MENU

勝手に注目銘柄(2016年11月2週)

もはやリスクしか感じない米国大統領選。

そう思うと、選挙当時のオバマさんは輝いていたわ。

大丈夫なんか、アメリカは。

世界中が心配してるぞ(笑)

 

週明けに注目している銘柄

f:id:tomo0009:20160429235836j:plain

注目の米国大統領選。ZMP関連。TPP関連と、その繋がりでカジノ関連。ロシアも。ダビマスがいいスタートを切ったドリコム。第2のブランジスタ思惑のイグニス。アイモバイルとかも。

米国大統領選

クリントン氏(民主党代表)とトランプ氏(共和党代表)による米国大統領選。開票は日本時間の11月9日(水)8:00からです。結果は大差がつく様なら午後の取引中にはわかりそうで、接戦になるようなら夜までかかる可能性もあるかも。

実際のリスクはともかく、あたかもリスクがあるように仕掛けてくる可能性もあるので、注意しないといけませんね。

ZMP関連

「11月14日に上場承認、上場日が12月19日」というウ・ワ・サ。人気どころは動きが激しいので、JCしないように注意。ASTI【6899】が出遅れ株で注目を浴びている模様です。あと、「自動運転関連」もついでに監視して良いかと。

TPP関連

4日、TPP特別委員会でTPP法案の強行可決。「8日」に衆院通過を目指している状況です。関連銘柄は多めで、林兼産業【2286】太洋物産【9941】石垣食品【2901】とか色々。個人的にはセラク【6199】に注目。もう一押しあれば考えます。

あと、やり方の是非はともかくとして、衆院通過は止められないと見ています。ちなみに、クリントン、トランプ両氏はTPPに反対の立場ですが、、、どうなってしまうの、これ(笑)

カジノ関連

上記に書いたとおり、8日のTPP法案の衆院通過はもう止められないと見ているので、9日からのカジノ法案の審議入りにも期待しています。ただ、米国大統領選とタイミングが被っているので、期待し過ぎは禁物ですね。

ロシア関連

TPP法案がいったん片付く形となれば、日露首脳会談に向けた動きも本格化してくると見ています。メディアの注目も日を追うごとに大きくなりそうですし、もう仕込んでも良さそうですが、大統領選があるんですよね。リスク回避でグンと下がれば迷わず仕込む予定です。

個別銘柄

とりあえずドリコムとイグニスとアイモバイルを中心に監視。イグニスはもしかするともしかするかも。他には、、、フライトはもう少し上がりそうですが、今から触るのはもう無理っす。メタップスはまだ監視しても良さそう。オウチーノ?なんですかソレは。

ドリコム【3793】

『ダビマス』のセルランがじわじわ上昇中。想定よりもかなり良い位置まで来てます。これなら、企業が想定しているよりも良い売上が期待できそうです。

まぁ、、、正直、最初はどうなるかと思いましたが(笑)

イグニス【3689】

11月4日、VR領域への進出を目的に『pulse』を設立。AKBグループ総合プロデューサーの秋元康氏、メンタリストのDaiGo氏などが関わっています。

さて、、、大相場来るか。それとも、、、。

アイモバイル【6535】

さすがに下げ過ぎかなと。1000円以下なら持っていても面白そうですがねー。




※本文は信頼出来る情報を元にした自己見解です。内容に関する正確性の保証は出来ませんので、あしからずご了承下さい。
※投資判断、売買は自己責任でよろしく!