株の図書館

株の図書館

サイト再構築中っす!!!

MENU

<銘柄メモです>アエリア 3758

自分用のメモを兼ねています。

なるべく正式に発表されたものを基準に。

適宜追加、消去、修正等を行う予定。

大きく修正する際、一時的に下書きに戻す(見れなくなる)事があります。

 

最新更新(10月18日)

気になっている間はちょくちょく更新。

 

考察してみた(日々更新)

f:id:tomo0009:20170417005059p:plain


<2016年度の売上の内訳>
売上:59億0600万(コンテンツ34.40% ITサービス65.60%)
コンテンツ:20億3100万 ITサービス:約38億7400万

<「8月14日」通期上方修正後>
売上:140億 営利:35億
経利:36億 純利24億

<1Q〜2Q>
売上:56億4200万 営利:14億8000万
経利:14億9200万 純利:8億9800万
(分野別売上)
コンテンツ:37億0200万 ITサービス:19億4000万

<2Q単体>
売上:33億7300万 営利:10億2800万
経利:10億5700万 純利:6億6000万

//18日記述//
 enish の巻き添えを食らいオーバーシュート??中長期の予定で1850円〜1880円あたりを狙っていましたが、、、考えていたよりも売り込まれるのが早くて悩み中。今の段階で1900円を切って終わるとは思っていませんでした。1週間後なら迷わず特攻なんですがねーw

明日はenishが巻き返しそうな雰囲気なので、良くも悪くも釣られそうな予感!!

//16日記述//
今回のスキームを理解していた人は上手く動けてそうですね。

新興が弱かったせいもあってか、(条件や計算があっている前提ですが)個人的に目安と考えていたポイントである「1922円」を切ってしまうという。とはいえ、先週末でさえ2000円付近で処分していた可能性もありますし、短期的にはもう少し下げ余地があるような気もしています。エディアとの合弁会社設立が11月1日ですか、、、なるほど。

で、エディアとの合弁会社ですが、「女性向けの位置ゲー」とは良い話ですね。ただ、共同でやるなら『A3!』とかは使用しないで欲しいかなと。あくまでコンテンツを支援するという形でなら共同でも良いですが、ガッツリやるのであれば、是非ともアエリアグループのみでやって欲しいところです。

とりあえず、「未定」ばかりで草。

<以下はエディアのPRより>

f:id:tomo0009:20171016162503p:plain



//15日記述//
あかつき証券で盛り上がる週末。機械的に売ってきたとしても、今のままだと19.7億は余裕で超えそうなので、11月1日に迫る程もう少し株価を抑えてきそうな気もしています。最終的には株価が上がった方があかつき証券にとってもメリットがあるわけですが、人を集める為にあからさまな目安よりも早めにトリガーが出てきそうな気もしています。

『A3!』、、、BL臭がいぱーいするw

//11日記述//
昨日はあっさりと節目を割ってしまいましたが、底堅い動きで2000円まで戻すと。もう少し我慢大会。

『蒼焰の艦隊』はギルド実装です。とりあえず、「チャットはなぜ縦向きにした?」と言いたいですね、、、。

//10日記述//
セルランのロジック変わりました?ゲームアプリをおさえてここまで伸びる?というアプリがちらほら。

地合いが良い中で掘り堀り。やはり「エチュードイベ」は鬼門ですねぇ、、、。時価総額が約350億というのはさすがに安い位置だと思いますが、チャートがががが。今イベが終わる頃が良いような?

『A3!』のフォロワーが急に増えているのはキャンペーンをやっていたからですね(6日から逐次発表しているのに見逃しをw )。もうすぐ35万人に届きそうで、フォローしていない人が思っていたよりも多かったのは驚きでした。アイナナ超えまで後少し!!

//7日記述//
ある意味全モ。外部環境的にタイミングが悪かったせいもありそう。それでもセクターには良い影響だったと思います。

『ダイナミックコード』腹筋崩壊待った無しwww これはヒドいwww せっかく新作アプリが出るのに、、、。アエリアは、アプリやLINEスタンプぐらいは宣伝すれば良いと思いますが、なぜしないのかしら。

『A3!』はここ1、2日でフォロワーが5,000人ぐらい増えた様な、、、。何かありましたっけ?

『蒼焰の艦隊』は次のアプデでギルド実装です。アプリの評価に影響する重要な要素なので、1ユーザーとしても注目しています。あと、争奪戦は今回のバランスの方が争奪っぽくて良いですね。時間帯が限定過ぎるので、1日2、3回やってもらえると良さげ。

//5日記述//
ここで増配。今の規模のゲーム会社としてはどうなのか、という疑問もありつつ、株価を意識してくれているという点ではGOOD!それだけ業績が良いという事かもしれませんしね。とりあえず、ゲーセクに資金が集まるのを待ちましょう。

『アイ★チュウ』に関するつぶやきを見ていると、割と認知されているんですね。それなりにフォロワーがいるのは知っていましたが、今回の総選挙も923万票を集めるというという、、、リベルはすごい。

からの愚痴的なやつ!!w『蒼焰の艦隊』のイベはもう少しこう、、、なんとかならないもんですかねー。簡易戦闘を繰り返すだけですし、内容もただただ焼き直し。早いところギルドを実装するなり、もう少し楽しめるコンテンツを実装するなりして欲しいところです。

//10月2日記述//
まさかの協業話。「ブロックチェーン・トレカ(仮称)」「オンライン通貨」「ゲーム通貨のICO」と、面白そうな思惑が増えましたね。最近の立ち回りを見ていると胡散臭さも感じましたが(w)、今年の11月にはリリースするという事で、信じてみよう、そうしよう。

「ブロックチェーン・トレカ(仮称)」の最初のリリース候補に入っている『ダイナミックコード』は10月5日からテレビ放送も始まりますし、タイミングとしては良いかもですね。

//過去の記述&修正//
とりあえず時価総額400億以下は安全圏(下がってもいつか戻る位置)で見ています。少なくとも純利18〜20億の実力はあるはず。

時価総額の底上げは『A3!』以外に柱となるものが欲しいところですね。『蒼焰の艦隊』が『戦艦帝国』レベルで売れれば、思惑も大きなものとなりそうです。

『A3!』は変わらずユーザーの熱量ゴイスー。公式フォロワー数は7月で30万人を突破。イベント時にはセルランTOP10内を維持出来る様にもなってきました(※ 記事を書いた頃よりも強いアプリが増えたので、上位の壁が厚くなった印象です。上位セルランの売上水準が上がった可能性もなくはないので、この辺りは改めて調べる必要がありそうです)。ちなみに、自社IPの利益率の高さは「PL」の売上高に対する売上原価を見れば一目瞭然です。

3Q期間の『A3!』に関してですが、8月イベ『ギラギラ☆渚のPASSION』(エチュードイベ)の影響もあり、月間セルランは2Qよりも低くなりますね。ユーザー目線だと大盤振る舞いのありがたいイベですが、その分売上は下がるという、、、。まぁ、コンテンツが盛り上がっているのは確かなんですが。

7月6日にCDの売上枚数を計算。「アニソンCD売上枚数保管庫」によると、全部で約 218,000枚の売上。DLとCDの比率は謎ですが、ファンミのシリアルはCD特典なので、DLよりもCD の方が多そう??JASRAC、 小売り店、レーベルのポニーキャニオンなどなど、、、これらを差し引くと、企業に入るのは2,000〜2,500万ぐらいかなぁと(契約内容によると、 もっと低いかも)見ています。コンポーザーや声優さんとはどういう契約をしているのでしょうかね。まぁ、CDが売れると売上以外にもメリットが出てくるので、売れるという事自体はとても良い事です。

<単価別で計算。売上を各方面でわけます>
1,500円×218,000=3億2,700万
2,000円×218,000=4億3,600万

「スーパーグルーピーズ」とのコラボグッズが好調。春夏秋冬各組のCDも好調。「アプリ課金はしないが、グッズなどにはお金を出す」というタイプの方もいるので、コンテンツを長続きさせる上で、アプリ以外の要素はとても重要。これだけ人気があれば、アニメ化や映画化、舞台化なんかも期待が出来そうですね。

『秘密の宿屋』の様に、ユーザーが少ないアプリの損益分岐点がどの辺りに設定されているのか注目しています。ゲーセクを触る上での参考になるかも。『Chain Blood―かぞく婚―』のように、事前登録キャンペーンで目標人数が低いものに関しても同じです。アリスマティックの自社エンジン「アリスマイル」は低コストらしいですが、通常に比べてどれほどコスパが良いのでしょうかね。ちなみに「アリスマティック」は売上15億(過去3年から参照)、営業利益は1億3700万円(営利は企業の財務予測)らしいです。

アエリア社長小林祐介氏が「あかつき証券」に172,800株の貸株。報告義務発生日は2017年7月19日。ちなみに、「あかつき証券」はアエリアの大株主です。

ファーストペンギンの「CoCoCarat」サービス拡充。16年5月にスタートということで、既存の企業もあれば、実績の積み重ねが重要な分野なので、成果が出るまでに時間がかかりそうですしょうか。「東南アジア」に特化する事で優位にたつ目論みがあるとか??進捗具合とか具体的に知る事が出来ればいいな。

下記は今後の参考に残しておきます。
<アイチュウ・15年6月26日配信>
出願15年3月20日・登録15年8月14日
<A3!・17年1月27日配信>
出願16年6月3日・登録17年2月17日
<蒼焰の艦隊・夏頃>
出願17年2月21日・登録???

ポイント

・ITサービスは相変わらず堅調だが、コンテンツは『A3!』が1本柱状態。
・『A3!』のiosセルラン月平均は1月(69位)2月(45.7位)3月(44.5位)4月(31.6位)5月(36.2位)6月(21.8位)7月(39.3位)8月(55.2位)9月(25.1位)10月14日まで(55.8位)。
・セルランはTOP圏内にいた日数を考慮。
・『A3!』はiphoneユーザーの割合が多い(らしい)。
・『A3!』のセルランはイベ内容やダイヤ配布を考慮。
・『A3!』CD及びグッズ(コラボ含む)は引き続き好調。
・『アイ★チュウ』2.5次元舞台(夏、秋)
・アエリア「子会社いっぱいほしー!!」
・ITサービス事業は堅調(1Q〜2Q)。
・通期予想は強気に変更!!??w
・自社IPなので利益率は高い。
・「Yahoo!ゲーム ゲームプラス」参画。


※セルランは「AppDB」を参照。反映がリアルタイムより遅めな感。

NEW!)エディアと合弁会社設立

11月1日付けで、『MAPLUS』や『蒼の彼方のフォーリズム』などを提供する「エディア」と合弁会社を設立予定。目的は主に「女性をターゲットにした位置情報ゲームサービスを創出すること」。

未定項目多数!!w

<以下は11月16日16時に発表された適時開示>

http://www.certifiedpublicaccountant.biz/disclosure/view.pl/pdf/AAAFIX2BKY2FCQ2NGZFEEQKBIFHTON2U.pdf?id=59E45C69&session=07184640EDDB4B8DA5F415B50AB689C9&cc=AAAAAACFGA2TINJT

 

NEW!)タイムボカンCM(もうやってるけど)

子会社のエイタロウソフトが提供する、TV アニメ「タイムボカン 逆襲の三悪人」のスマートフォン向けゲーム『タイムボカン ボカンメカウォーズ!』のCMが全国で放映中。

「タイムボカン 逆襲の三悪人」放映に合わせてアプリも大幅リニューアルされ、新システムや新たなステージの追加、更には「タイムボカン」や「ゼンダマン」とのコラボの実施が決定しています。

<以下は企業PRの該当ページ>

https://www.aeria.jp/pdf/JAkyAz



RE:NEW)「トータルマネジメント」子会社化

11月20日予定。取得価額は19.7億円。ImpressionやTWISTの買収による不動産事業進出の延長にあるものですね。

トータルマネジメントは、「不動産事業」としての戸建分譲、中古マンションリノベーション事業、不動産売買事業、「コンサルタント事業」としての不動産事業から派生する企業M&A、国内外の不動産投資事業、不動産関連資金調達コンサルタントを事業の柱している企業です。

<以下はここ3年間の業績>

f:id:tomo0009:20170927011521p:plain

追記

子会社化スキームに関してわかりづらい部分があったのですが、以下のサイトで解説して下さってます。

yukis725.hatenadiary.jp

NEW!)あかつき証券の動き(出る度更新)

17日付けで「あかつき証券」が変更報告書を提出。
※記事自体は15日に書いたものです。

<以下はEDINETより>

f:id:tomo0009:20171019000318p:plain


1日に4.1万株前後を処分しています。そして、次はこちらをどうぞ。

<以下は企業のトータルマネジメントに関するIRニュースより>

f:id:tomo0009:20171015221707p:plain


9月27日から11月1日までの取引日は25日。(毎営業日、同じ様に処分してくるという前提なら)4.1万株×25日=102.5万株。トータルマネジメントの取得価額である19.7億を考慮すると、出来れば平均(約)1922円以上で処分をしたいはず(102.5万株×1922円=19.7億円ぐらい)。何度も言いますが、機械的に処分をするならです。

※2000円で計算しているのもチラホラ見るので、そちらも参考に!

あかつき証券は調達さえ済めば、取得価格を安くするために株価を抑えたいところでしょうが、機械的に処分をしているなら調達は終わっていないはず(10月15日記述)なので、それなら無理に株価を抑えるわけにもいかないでしょうし。それに、安く取得したいといっても、抑え過ぎて投資家から見放されては意味が無い(=資金が抜けて株価が下がる)というのもあり、、、じゃあ、上げるかというと取得価格があがるという。

もう、何が何やらで考え方があっているのかも謎だ!!w

『DYNAMIC CHORD』新作

10月6日付けで子会社のアスガルドが発表。タイトルは『DYNAMIC CHORD JAM&JOIN!!!!』で通称『ダイジャム』

<公式ツイッターは以下>

DC JAM&JOIN!!!!【公式】 (@dcjandj) | Twitter


<公式サイトは以下>

DYNAMIC CHORD JAM&JOIN!!!! | ダイジャム

 

増配

配当を1株あたり5円から10円に修正。

以下は企業HPより転載。

f:id:tomo0009:20171006004517p:plain

 

『アイ★チュウ』923万票を集めたミニアルバムの発売決定!

約923万票を集めた総選挙「I★Chu Award ~2017~」の結果上位3名とラッキーボーイのソロ楽曲を収録したミニアルバム『アイ★チュウ ~I★Chu Award 2017ミニアルバム~』の発売が決定となりました。投票数は前年よりも300万票以上も多かったようです。

<以下は該当ページ>

『アイ★チュウ』約923万票を集めた総選挙上位キャラクター3名と ラッキーボーイのソロ楽曲を収録したミニアルバム発売決定! | 新着情報 | 株式会社リベル・エンタテインメント

 

『ブロックチェーン・トレカ(仮称)』の共同開発

「コンセンサス・ベイス」とデジタルトレーディングカード『ブロックチェーン・トレカ(仮称)』を共同開発。デジタルトレカの汎用性を拡大するサービスを行っていく?という感じですかね。今後は協業範囲を拡大して「オンライン通貨の開発・提供」や、「ゲーム通貨の ICO 」なんかも考えているようです。

今回発表となった『ブロックチェーン・トレカ(仮称)』は11月から提供開始されます。まずは『DYNAMIC CORD』などの、アエリアグループ会社のキャラクターをリリース(やっぱり『A3!』は慎重にいくのかしらw)。また、この『ブロックチェーン・トレカ(仮称)』をデジタルトレカのプラットフォームとして普及させるために多方面にも働きかけていくようですよ。

<以下は該当ページ>

http://www.aeria.jp/pdf/m58mBz


<以下でコンセンサス・ベイスの実績を確認できます。>

ブロックチェーン開発の実績・主要お取引先 | コンセンサス・ベイス

 

『A3!』がファミマでMANKAI!

9月26日7時より、「ファミリーマート」で『A3!』キャンペーンが実施されます。対象の栄養ドリンクを3本購入すると、先着で春・夏・秋・冬に分かれた「箱推しバッジ」が1つもらえるようです。

『A3!』新シリーズCD発売

春夏秋冬各組ミニアルバムの第二弾「Blooming EP」シリーズの発売が決定しました。ソロ曲未歌唱だった3名のキャラソンも収録予定です。 今回もジャケットはキャラクターデザイン冨士原良氏の描き下ろし。価格は2,200円で、購入特典としてバクステ付き限定イラストSRカードが封入予定だそうです。

発売に先駆けて各組第二回公演曲のゲームサイズの配信も順次発売されるようですね。

<発売日程(予定)>
7月19日・・・各組ゲームサイズ
10月4日・・・春組・夏組
11月1日・・・秋組・冬組

<以下は『A3!』公式HPの該当ページ>

NEWS| 【公式】A3!(エースリー)

 

秋組・冬組ミニアルバム詳細

11月1日に発売される「Blooming EP」秋冬ミニアルバムの収録楽曲タイトルが公開されました。

<以下は該当ページです。>
https://www.a3-liber.jp/news/20170922-506

 

「AIRnet固定 IP SIM」提供の開始。

子会社の「エアネット」が、モバイル環境でも固定 IP により高アクセスセキュリティを実現する「AIRnet固定 IP SIM」の提供を開始しました。

この辺りは詳しくないのでアレですが、、、ユーザーにとって有益なサービスのハズw 便利そうな割りに安価な印象ですし。

 決算(2Q)

資料の中でコンテンツ事業展開の項がありましたが、「アリスマティック」と「サクラゲート」は同等。カジノなんかも割と意識しているのかも知れませんね。

以下は中期計画。不動産事業で17〜18年度の大幅な伸びは「impression」の売上を来期から(本格的に?)計上するためだと思われます。、、、情報待ちw

f:id:tomo0009:20170822010313p:plain


(追記)
資料に目を通してみましたが、 気になったのは不動産事業の伸び代(impressionの売上も考慮しています)を期待しているところ。東京オリンピックがあるとはいえ、厳しい状況にある分野なので、どちらかといえば不安が勝っています。ITサービス事業も、来年はともかく2年後の伸び!!!

通期情報修正(8月14日付け)

企業発表によると、「信頼性の高い第2四半期累計会計期間の業績をベースとして算出し、第2四半期以降の業績予想につきましては、保守的に予想しております」との事です。

f:id:tomo0009:20170814154540p:plain

2Q

8月1日、14日の決算を前に2Q累計期間の業績見込みが発表されました。累計から1を引くと以下の様になりますかね。

<1Q>
売上:22億6900万 営利:4億3600万
経利:4億2700万 純利:2億2900万

<2Q>
売上:33億7300万 営利:10億2800万
経利:10億5700万 純利:6億6000万


f:id:tomo0009:20170801140331p:plain

 

 

ナンジャタウンとコラボ

「池袋・ナンジャタウン」で期間限定のファンイベントを開催。「MANKAIカンパニー」団員たちをモチーフにしたデザート&フードの他、ゲームやイベント限定グッズの発売など色々やります。期間は9月22日から11月19日まで。

<以下はナンジャタウンHP>

「A3! in ナンジャタウン」9月22日(金)より開催決定! | 最新ニュース | ナンジャタウン

 

17年度買収企業

ニュース一覧以外の企業。

「アリスマティック」

日本を中心に世界各国で女性向け恋愛シミュレーションゲームを展開。多くの 企業にも採用されている自社エンジン「アリスマイル」に強み。量産してコツコツ利益を積み上げるコンセプト(っぽい)。『王子さまとイケない契約結婚』 『旦那さまが7人いる!?』などを運営し、世界ユーザー数は1,000万人を突破。

6月5日付けで子会社化。コンテンツの共同開発や効率的なサービス運営による基盤強化が狙いで、今後は海外進出を見据えた事業展開も視野に入れているそうです。

9月21日より、「ニコニコチャンネル」開始(アリスマティックチャンネル)。

「グッドビジョン」

「グッドビジョン」はソーシャルゲームやモバイルサービスの企画・開発・運営・コンサルティングなどを行っている会社。

今 回の子会社化を足掛かりとして「バーチャルリアリティー(VR)」事業への投資を推進していくようです。また、松本零士氏の著作物を扱う「オッヂピク チャーズ」とは、松本零士氏の新旧コンテンツを利用したVRゲームやスマホ向けゲームの開発・販売展開を行う事を昨年に合意済みです。

「Impression」

子会社化の目的は不動産とITを組み合わせた「不動産テック」を用いて不動産事業の拡大を計るためです。先日に子会社化を発表したばかりである「TWIST(民泊運営代行サービスを展開)」との連携も視野に入れたものだそう。

「Impression」 は投資用不動産の販売や投資用マンション開発、住居用不動産販売からリノベーション事業まで幅広く展開しています。自社ブランドに「Alivieアリビ エ」や「Espelumoエスペルーモ」。また、「楽天イーグルス」のオフィシャルスポンサーでもあります。

 

「TWIST」

「TWIST」 は民泊運営代行サービスを展開していて、主に、民泊専門の宿泊サイト「 Airbnb(エアビーアンドビー)」への運用代行を行っています。また、世界最大級の旅行会社である「プライスライングループ」の1部門を担う、アジア 最大のオンラインホテル予約サイト「Agoda」でも民泊掲載を開始しました。アエリアのもつ IT分野のノウハウを生かして「TWIST」の不動産価値を高める事が、結果的にグループに還元される、という感じですかね。

昨年度の売上は1億円にも届いていない状況です。民泊運用代行サービスといえば競合が多い印象もあるので、どこまで業績を伸ばせるか見物。

「サクラゲート」

子会社化の目的は新ゲームの制作や海外展開の強化、新しいゲームプラットフォームの開発が主な理由で、「海外」「乙女ゲー」「新分野」というアエリアが意識しているものにハマった感じでしょうかね。

「サクラゲート」は業界屈指のオンラインカジノ「888casino」にビデオスロット「エヴァンゲリオン」を提供。また、世界最大級のオンラインポー カーブランド「PokerStars」とPRに関する業務提携を行っています。乙女ゲーにも手を出していて、恋愛乙女ゲーム『恋のよろずや mini』を5月4日よりリリース。

 

「エイタロウソフト」

サクラゲートの時と同じく、「海外」「乙女ゲー」「新分野」がポイントでしょうか。エイタロウソフトは国内初のアプリによる「3Dエンジン」の開発に成功しており、そのノウハウがどういった形でアエリアグループと交わるのか、というところです。

『タイムボカン24 ボカンメカバトル!』『ブレイブオンライン』『私がお世話してあげる!』などを開発。 『私がお世話してあげる!』は2017年1月より香港・台湾・マカオで『天使學園之我的專屬女神!』の現地名でリリースされています。

乙女ゲームブランド「Littlesugar」2016年1月を設立し、『山の手男子』などを運営。声優プロダクション「ムーブメント」とは『ぼくらこれからデビューします♪』を開発中。また、サイバードとは『マジカルデイズ』などを協業し、「乙女VR」なるものも出展。

10月13日に株式追加。エイタロウの資金繰りの悪化を解消するためです。いまのところ、「今後はこのような株式交換による追加取得は発生しない予定」との事です。

サイバードと共同運営中の『マジカルデイズ』と、アイディアファクトリーと共同開発中の『ダンストリップス』を「TGS2017」に出展。ダンストリップは「VR仕様」で、今回は実際のゲームで登場するVRライブを体験出来るようです。

「ゼノバース」

「ゼノバース」は、主に Android プラットフォームで北米地域を中心にモバイルゲームを配信している「MAJOR LTD.グループ」のゲーム事業の事業譲受のみを目的として設立された企業。海外展開の強化のための一連の買収劇のうちの1つ、として数えられる感じでしょうか。

「MAJOR LTD.グループ」の業績に関しては以下をどうぞ。
 http://www.aeria.jp/pdf/sWcnBz

 

「G G 7」

アリスマティックから続くコンテンツ事業強化のための買収。特にマーチャンダイジング機能の補強が目的です。

「GG7」はアニメ×ファッションの融合をコンセプトにオフィシャルブランドの企画プロデュースを行う「Hybrid Mind Market」の運営を行う他、全国展開している小売店やキャラクターとアパレルブランド・飲食店とのコラボグッズをプロデュース。また、VR映像を使用した商品企画なども手がけています。新たな取り組みも始めており、高速道路のSAでのグッズ販売や、大手システム会社と全国約28,000店舗のコンビニ内マルチコピー機を活用したコンテンツ配信サービスなんかも行っています。

最近3年間は増収増益。以下は参考に。

<28年度業績>
売上:6億6400万:営利4100万
経利:3900万 純利:2100万

詳細は以下からどうぞ(記事も参考にしています)。

http://www.aeria.jp/pdf/lTfbBz

 

株価と時価総額

<株価と時価総額(10月16日)>
1920円・・・34,391

2500円・・・44,304(単位は百万円)
3000円・・・53,164
3500円・・・62,025
4000円・・・70,866

※およそなので、極わずかなズレあり。

材料になりそうなもの(日々更新)

現在の状況的に、『スターリーガールズ』、『DYNAMIC CHORD』、『アイ★チュウ』(繁体字版を含む)などは物足りないレベル。このうち『アイ★チュウ』は頑張っている方ですが。尚、『秘密の宿屋』は、、、()。

イケメン役者育成ゲーム『A3!』

子会社の「リベル・エンタテインメント」が運営するスマホ向けイケメン役者育成ゲーム。「公式Twitter」のフォロワーは約35.3万人(10月18日付け)。

トピックス

・4月12日に300万DL突破。
・5月29日に333万DL突破。
・6月9日に350万DL突破。
・8月18日に400万DL突破。
・7月13日、twitterフォロワー30万人突破。
・9月29日、twitterフォロワー333,333人達成。
・初のファンミ開催(10月28日)を発表。
・「AGF2017」出展決定(アイチュウも)。
・「ナンジャタウン」とコラボ(9月22日より開始)。
・主要キー局で新TVCM決定。
・8月4日より「earth JapanLabel」とコラボグッズ受注開始。
・8月28日より「カラオケの鉄人」チャレンジ開始(11月5日まで延長)。
・10月バースデースカウト「七尾太一」
・A3!ファンミーティング「A3! FIRST Blooming FESTIVAL」の本サイトがオープン。
・『A3!』よりプラカード付きウエハース発売決定。
・10月23日まで『A3!』 のサイン入りランダムブロマイド第2弾。
・11月1日発売CDの試聴開始。
・フォロワー数333333人キャンペーン開催中。
・10月12日メンテ後より、ガチャ『もぎたてア・ラ・モード』。
・AGF2017グッズラインナップ公開
・10月18日より、イベ『冬組第三回公演 真夜中の住人』。
・10月18日より、『太鼓の達人』とコラボスタート。

注目ポイント

・自社IPで売上原価率が高い。
・グッズ、CD好調。
・LINEスタンプ配信早々1位。
・LINE着せ替え配信早々1位(春夏秋冬全部)。
・「earth music&ecology」とコラボ。
・「SuperGroupies」とコラボ。
・ダウンロード数はリセマラ無し(IRに確認した方あり)。
・リリース2ヶ月半で300万DLは達成(他社ゲームと比べてかなり早い)。
・セルランはダイヤ配布時期を考慮。
・凪期間はセルラン急降下。
・ファンミはCD+参加費(6,000円)が売上?
・キャラによってセルランが変化。
・ニッチなジャンルなので、ユーザー数はある程度でとまる?
・同ジャンルアプリの掛け持ちユーザーが多い。
・収録ボイスが多い事が好評の様。
・エチュードバトルは大盤振る舞いっぽい(いまのところ)。
・運営の評価良し(ユーザー目線のアプデ多い)。

初のファンミーティング

10月28日に中野サンプラザで開催。参加費6000円。

<以下は『A3!』公式のファンミ特設ページ>

A3!(エースリー)1stファンミーティング(仮)|ポニーキャニオン

 

中華『A3!』

『A3!』の中国版ライセンス契約をbilibiliと締結。配信前から多数の運営会社よりオファーがあったようですが、下記理由により運営配信パートナーを「bilibili」に決定したとの事です。

・『アイ★チュウ』中国版の運営配信実績(2106年7月8日より)。
・日本のヒットタイトルの運営実績が多数ある(『Fate/Grand Order』など)。
・中国で最も日本のゲームユーザーを擁し、運営チームも日本のゲーム運営を熟知。

また、メディアミックス展開及び関連グッズ展開も許諾地域内で実施することもライセンス契約に含まれているそうです。


以下は中国版の該当サイトです。

a3.biligame.com

中華『A3!』のミニマムギャランティー

8月22日、「bilibili」との『A3!』の中国版ライセンス契約に基づき、最低保証金(ミニマムギャランティー)の受領を確認した旨が発表されました。既に中国大陸で配信されている『アイ★チュウ』中国版より好条件だそう。尚、金額に関しては契約により非公開となっています。

 

『A3!』LINEスタンプ&着せ替え配信

LINEスタンプと着せ替えは両方で600円。クリエイターの取り分は売上の35%。着せ替えに関しては「今後も続々と登場予定」です。

<売上計算(両方を購入した場合)>
5万人で1,050万円
10万人で2,100万円
15万人で3,150万円

※1万人につき210万円。

 

本格海戦ゲーム『蒼焰の艦隊』

 子会社の「リベル・エンタテインメント」が制作・運営しているスマホ向け次世代戦艦シミュレーションゲーム。男性向けで、以前に30〜50代をターゲットにしたアプリを制作したいと発表されていました。7月3日より事前登録を開始。9月1日にリリース。

公式フォロワー約14,700人(10月18日付け)。

トピックス

・7月3日、事前登録開始。
・8月28日、事前登録10万人突破。
・9月1日15時よりリリース。
・10月11日より、ギルド実装。
・10月11日より、イベ【水面に潜む雷獣】。
・10月11日より、ガチャ【ヴェンチャラー参戦サルベージ!】。
・10月13日より、争奪戦(樹脂)
・10月18日より、イベ【北国からの使者】。
・10月18日より、ガチャ【アラスカ参戦サルベージ!】。

ポイント

・20万DL突破。
・男性向け。
・迫力あるPVは岩本晶氏(シン・ゴジラ)を起用。
・金曜日はカレーの日で資源配布。
・いまのところ、争奪戦に限り超人気。

『DYNAMIC CHORD JAM&JOIN!!!!』

子会社の「アスガルド」が開発中のスマートフォン向けソーシャルアプリ。通称『ダイジャム』。

トピックス

・10月5日、ティザーサイトオープン。

ファーストペンギン(子会社)

アフィリエイトシステムを提供するASPの中でも国内最大手である「インフォトップ」を運営。東南アジア専門の就職支援サービス(CoCoCarat)なんかも手がけています。ファーストペンギンへ商号を変更したのはアエリアに買収された後ですね(イメージの悪いアフィ臭を消すためだと勝手に思っていますw)。あと、上場を目指しているのと事。

下記は官報の決算公告で、1年で2.66倍増の純利益。

<10期>
利益剰余金  :52,431千円
当期純利益  :90,263千円

<11期>
利益剰余金  :273,128千円
当期純利益  :240,208千円

トピックス

・5月1日、海外就職支援の事業拡大に備えて有料職業紹介事業の許可を取得。
・8月16日、「CoCoCarat」サービス拡充。





※本文は信頼出来る情報を元にした自己見解です。内容に関する正確性の保証は出来ませんので、あしからずご了承下さい。
※投資判断、売買は自己責任でよろしく!