株の図書館

株の図書館

サイト調整中です(勝手におかしくなってつれぇわ)。

MENU

<銘柄メモです>アエリア 3758

自分用のメモを兼ねています。

なるべく正式に発表されたものを基準に。

適宜追加、消去、修正等を行う予定。

大きく修正する際、一時的に下書きに戻す(見れなくなる)事があります。

 

最新更新(12月8日)

気になっている間はちょくちょく更新。

 

考察してみた(日々更新)

f:id:tomo0009:20170417005059p:plain


<2016年度の売上の内訳>
売上:59億0600万(コンテンツ34.40% ITサービス65.60%)
コンテンツ:20億3100万 ITサービス:約38億7400万

<「8月14日」通期上方修正後>
売上:140億 営利:35億
経利:36億 純利24億

<1Q〜3Q>
売上:97億0200万 営利:23億8800万
経利:24億3900万 純利:15億0200万
(分野別売上)
コンテンツ:62億5700万 ITサービス:34億4500万

<2Q単体>
売上:33億7300万 営利:10億2800万
経利:10億5700万 純利:6億6000万

<3Q単体>
売上:40億6000万 営利:9億0800万
経利:9億4700万 純利:6億0400万

//12月8日記述//
不祥事関係のPRは元従業員がタイーホされたから出した感じですかね。最初は遂にやりやがったか!!なんて思いましたが、きっちりと対応しているようで良かったです。

今回の件は民放で流れた事もあって素早く発表をしたのでしょうが、PRの出し方というか、選択の仕方がいまいちよくわかりませんね。『ダイナミックコード』は「アスガルド」の重要コンテンツなのに、なぜ『ダイジャム』の事前登録はPRしないのか。。乙女ゲーを掲げていくのなら、もっと積極的に宣伝して欲しいところです。

//12月3日記述//
遂に1400円台に。記述はとびとびになってきていますが、監視はずっとしていますヨ。

『A3!』はGoogle Play「ベスト オブ 2017」に「オタマート」にすごいですねぇ。。「たるち」が圧倒的!!

//11月29日記述//
「ブロックチェーン・トレカ」延期で草ァ!!

もう呆れてしまったでござる(でも、売られ過ぎだと思っている)。

//11月28日記述//
目立った新情報が無さ過ぎて。。

イベの仕様もあってか『A3!』セルランは軟調気味。まぁ、今月に関しては『アイ★チュウ』でその分を補えていると見ています。ここ最近はアプリの売上よりもファン寄りの印象がありますが、コンテンツの価値を維持&向上のためでしょうし、やり方自体は間違ってはいないと思っています。先月はファンミもあったので、グッズは更に売れている可能性もありますしー(妄想)。

『テンカウント』『ダイジャム』『ブロックチェーントレカ』『民泊』など、新しい材料は色々とありますが、『A3!』の存在が大き過ぎて小粒に見えたり、未知数なものもあるのが悩ましいところですね。『蒼焰の艦隊』なんかはガチャの確率というか、ピックアップのあり方を見直すだけでもセルランに良い影響が出そうなんですが。。

//11月22日記述//
ドル円が一気に下がってますが、明日の祝日は吉と出るか凶と出るか。

ゲーセクへの資金流入か、機関の買い戻しか、トータルマネジメントの件が落ち着いたせいか、とにかく結構な勢いで動意付きました。今回も25日線で跳ね返されましたが、そろそろ突破しても良い状況になってきていると思っています。

『アイ★チュウ』と『A3!』のコラボはリツイの反響通り、セルランにも良い影響が出ました。世界観を壊さない事が前提ですが、これだけ盛り上がるのなら自社コラボだけではなく他アプリとのコラボも見てみたいものですね。

20日にトータルマネジメントの子会社化完了。色々とありましたw

//11月17日記述//
またまた既存ネタで動くという、、、。「14日に開始した事前登録」の話をなぜか今日出してしまうアエリアさん。セクターで1人負けのごとくどんどん株価が下がる状況でしたし、焦ったとか??w

そういえば『テンカウント another days for Ameba』の課金周りはどういう仕様になるのでしょうね。原作をおさらししてみたところ、「限定カードを引くと、限定シナリオがついてくる。」という形ぐらいしか思い浮かびませんが、、、。 石を割って「はむイベ」とかは無さそうですよね。ユーザーの割合は女性の方が多くなるでしょうし、男の第三者として入り込むのは何か違うと思うので「アバター課金」も無さそう。いや、「自分が!!」とかあったりするのですかねwこの手の分野は疎すぎるので続報が早く欲しいところです。

あと、『アイ★チュウ』と『A3!』のコラボの続報がきましたが、お互いのアプリに合わせた絵柄を見れるというのは新鮮で良いです(個人的にw)。反響を見ていると、これは良コラボになりそな予感。

//11月16日記述//
アカツキの件はお詫び配布と開示でいったん収束。これによりゲーセクは復調となりましたが、、、マ、マイ転しとるやないかい!!企業への信用度が影響しているのか、機関がとことん売りたいのか、順番がまわってきていないだけなのか。本当に割安だと思うのですが、なんなんでしょうねぇ、、、。

20日から『アイ★チュウ』と『A3!』がコラボです。個人的にはこのコラボによって恩恵を受けるのは『アイ★チュウ』の方だと考えていて、セルランはもちろん、新規ユーザーやファンがどれだけ増加するかに注目しています。『A3!』側はエチュードイベなのでセルランはともかく、シナリオ自体が良いので、ユーザー目線でどういった内容になるのか楽しみにしています。

//11月15日記述//
アカツキショック!!アエリアをはじめ、ゲーセクは影響を受けまくりで悲惨な結果となりました、、、。で、事態を眺めていたら石300個(60連分)を配布www そして、今回のガチャ対象者にはまわした分の返還をするようですね。

どういう対応をしても一定数の文句は出ますし、端から見ると十分なお詫びの量に見えるので、これにていったん収束しそうでしょうか。とりあえず、ゲーセクを代表する企業とアプリが関わっているだけに、対応が長引くとセクターに悪影響ですし、早い段階で今回の件に対する措置をしてもらえて良かったです。

『A3!』が11位まで躍進。限定ガチャでここまで伸びるんです。明日から株価も仕切り直しですね。

//11月14日記述//
動画貼付けまくりに面白資料に腹筋崩壊待った無し!!!

というわけで、3Q決算発表です。元々は「通期で20億あれば」という風に考えていましたが、20億以上は達成出来そうですね。『A3!』の大盤振る舞いイベ「エチュード」実装や、全国CM放映、のれんがのしかかった割に純利6億をキープ出来たのはなかなか良い結果であったと見ています。『テンカウント』やエディアとの『位置ゲー』などの新作や、ブロックチェーンカードなどのグッズ系材料も増えてきましたし、現在の位置(時価総額315億)から考えると今後が楽しみです。数字もそれなりに付いてきていますし、ここまできたら通期達成うんぬんよりも来期へ向けての施策の方に注目しています。

そういえば、それっぽい正論を並べて「株式交換」を推進するのは頂けないところ、、、配当などの株主還元があるとはいえ、株主がお財布なるのはー。

『A3!』が Google Play「ベスト オブ 2017」ゲーム部門でTOP20にノミネート。始まったばかりですが、筆者が投票した時点では1位でした。公式のフォロワーも伸びていますし、まだ底は見せていないゾ!

と、書き終わろうとしていたところに『テンカウント another days for Ameba』が18年に延期のお知らせを見て草。

//11月10日記述//
日経が調整する中、新興に資金がまわってきた感じ。14日決算では売上の内訳も気になるところですが、非ゲーム事業というのも将来を考えると重要かも知れないと思う様になってきました。ゲーム事業に偏り過ぎるといつまでたっても売上にムラが出そうですし、これだと企業もしんどそう。ゲームで当てたらさっさと別事業へ移行するというやり方もアリですよね。まぁ、アエリアの場合は『A3!』のポテンシャルを考えると、そちらの可能性に期待してしまうわけですが、、、w

9日に『ラブライブ』ショップ臨時出店の発表がありました。こういう社会貢献活動を含めた活動はとても良いですね。企業のイメージも投資指標の1つですし。

14日発売の「Dear+12月号」で『テンカウント』は最終回を迎えます。ファンの方は寂しい思いをされているでしょうし、開発中の『テンカウントanother days』はそれを穴埋め出来るぐらいのゲーム内容であって欲しいですね。

//11月7日記述//
誤情報でPTS反応に草。小型ゲーセクは地合いに取り残される日々で、大型ゲーセクは好調と。確かに、日経が継続して強い状況下で、わざわざ乱暴な動きをする小型ゲーセク株なんて触る必要性は少ないですしね。刺激が欲しい人向けだはw

もうすぐ3Q決算。上方修正した通期予想は本当に達成出来るかどうか微妙な気もしています。買収した子会社ありきならあり得なくはないですが、『A3!』もセルランの数字を見る限りでは「2Q>3Q」でしょうし、どうなんでしょうね。現在の時価総額(317億)あたりで決算を通過するなら、純利20億ぐらいの見通しでも十分な数字であると考えていますが、ここからは安定した利益を生み出す体制を示せるかどうかですよねぇ。。

//11月3日記述//
「AGF2017」が開催。公式ツイを見る限りではグッズの売れ行きも良い感じですね。新情報もいくつか出ていて、まずは『A3!』の摂津万里と茅ヶ崎至の人気キャラが「ねんどいろ」化。さらに『アイ★チュウ』とのコラボも発表されました。「音ゲー」の部分がここで生きてくるとは、、、。『A3!』の曲は人気もありますし、『アイ★チュウ』ユーザーが増えるきっかけになれば良いですねー。

あと、エイタロウソフト(社長)がアスガルドの『ダイナー』と協業を発表です。以前に発表があった『ダイジャム』??それとも新しいやつ??個人的に現在のARライブは微妙なイメージなんですが(あんスタなんかのバーチャルライブはネームバリューがあってこそで)、社長の自信あり気なツイが気になっているゾ!

//31日記述//
思惑がある11月を前に狙っていた方が次々にinしてきた感じですかね。Klab53万株のフリーザ様が打診inをつぶやいた辺りから更に加速w
 
エディアとの合弁会社について経過報告がありました(たぶん、こんな流れ)。

1・・・エディアが1億円で子会社「A&E」設立
2・・・アエリアが「A&E」を株式交換で完全子会社化
3・・・「A&E」がエディアに新株割り当て
4・・・エディアが新株を行使して株式取得(49%まで)

アエリアは何も出さずに(また株主負担w)エディアにはしっかりと負担させるという。なんだかエディア側に不利な条件に見えなくもないですが、どうなんでしょうね。51%と49%には数字以上に大きな壁がありがちですし、、、。代表取締役がどうなるかも注目ですね。

んーーー、色々な意見を見てこよう、そうしよう。

//28日記述//
ほら、、、みんなが騒ぐから「年明けすぐ」ってフォローw 現地リポートされた方々、情報ありがとうございました。

『A3!』メインストーリー2部制作が決定です。ファンミの反響を見ていると、相変わらずの凄さですね、、、。これほどの熱量なら、コンテンツとしての地位はもはや確立したと言っても良さそうですし、様々な方向で可能性を見出す事も出来ると思います。アプリ自体も、しばらくの間は現状のペースを維持出来そうなので、後は『A3!』意外でこれといった何かが出てくれば株価的にも面白くなりそうです(心理的にも後ひと押し何かがほしーーところ!!)。

//過去の記述&修正//
とりあえず時価総額400億以下は安全圏(下がってもいつか戻る位置)で見ています。少なくとも純利18〜20億の実力はあるはず。

時価総額の底上げは『A3!』以外に柱となるものが欲しいところですね。『蒼焰の艦隊』が『戦艦帝国』レベルで売れれば、思惑も大きなものとなりそうです。

『A3!』は変わらずユーザーの熱量ゴイスー。公式フォロワー数は7月で30万人を突破。イベント時にはセルランTOP10内を維持出来る様にもなってきました(※ 記事を書いた頃よりも強いアプリが増えたので、上位の壁が厚くなった印象です。上位セルランの売上水準が上がった可能性もなくはないので、この辺りは改めて調べる必要がありそうです)。ちなみに、自社IPの利益率の高さは「PL」の売上高に対する売上原価を見れば一目瞭然です。

3Q期間の『A3!』に関してですが、8月イベ『ギラギラ☆渚のPASSION』(エチュードイベ)の影響もあり、月間セルランは2Qよりも低くなりますね。ユーザー目線だと大盤振る舞いのありがたいイベですが、その分売上は下がるという、、、。まぁ、コンテンツが盛り上がっているのは確かなんですが。

ウェルさん!!「セルラン100位に入れば月商1億が視野に」を引き出してくれてありがとう!!

7月6日にCDの売上枚数を計算。「アニソンCD売上枚数保管庫」によると、全部で約 218,000枚の売上。DLとCDの比率は謎ですが、ファンミのシリアルはCD特典なので、DLよりもCD の方が多そう??JASRAC、 小売り店、レーベルのポニーキャニオンなどなど、、、これらを差し引くと、企業に入るのは2,000〜2,500万ぐらいかなぁと(契約内容によると、 もっと低いかも)見ています。コンポーザーや声優さんとはどういう契約をしているのでしょうかね。まぁ、CDが売れると売上以外にもメリットが出てくるので、売れるという事自体はとても良い事です。

<単価別で計算。売上を各方面でわけます>
1,500円×218,000=3億2,700万
2,000円×218,000=4億3,600万

「スーパーグルーピーズ」とのコラボグッズが好調。春夏秋冬各組のCDも好調。「アプリ課金はしないが、グッズなどにはお金を出す」というタイプの方もいるので、コンテンツを長続きさせる上で、アプリ以外の要素はとても重要。これだけ人気があれば、アニメ化や映画化、舞台化なんかも期待が出来そうですね。

『秘密の宿屋』の様に、ユーザーが少ないアプリの損益分岐点がどの辺りに設定されているのか注目しています。ゲーセクを触る上での参考になるかも。『Chain Blood―かぞく婚―』のように、事前登録キャンペーンで目標人数が低いものに関しても同じです。アリスマティックの自社エンジン「アリスマイル」は低コストらしいですが、通常に比べてどれほどコスパが良いのでしょうかね。ちなみに「アリスマティック」は売上15億(過去3年から参照)、営業利益は1億3700万円(営利は企業の財務予測)らしいです。

アエリア社長小林祐介氏が「あかつき証券」に172,800株の貸株。報告義務発生日は2017年7月19日。ちなみに、「あかつき証券」はアエリアの大株主です。

下記は今後の参考に残しておきます。
<アイチュウ・15年6月26日配信>
出願15年3月20日・登録15年8月14日
<A3!・17年1月27日配信>
出願16年6月3日・登録17年2月17日
<蒼焰の艦隊・夏頃>
出願17年2月21日・登録???

ポイント

・ITサービスは相変わらず堅調だが、コンテンツは『A3!』が1本柱状態。
・『A3!』のiosセルラン月平均は。。
1Qーー1月(69位)2月(45.7位)3月(44.5位)
2Qーー4月(31.6位)5月(36.2位)6月(21.8位)
3Qーー7月(39.3位)8月(55.2位)9月(25.1位)
4Qーー10月(59.9位)11月(50.5位)12月8日まで(34.5位)
・セルランはTOP圏内にいた日数を考慮。
・『A3!』はiphoneユーザーの割合が多い(らしい)。
・『A3!』のセルランはイベ内容やダイヤ配布を考慮。
・『A3!』CD及びグッズ(コラボ含む)は引き続き好調。
・『アイ★チュウ』2.5次元舞台(夏、秋)
・アエリア「子会社いっぱいほしー!!」
・ITサービス事業は堅調(1Q〜2Q)。
・通期予想は強気に変更!!??w
・自社IPなので利益率は高い。
・「Yahoo!ゲーム ゲームプラス」参画。


※セルランは「AppDB」を参照。反映がリアルタイムより遅めな感。

 

NEW!)(元)従業員による不正行為

元従業員が役員持株会及び従業員持株会の預金口座から金銭を引き出し、私的に流用していたというもの。被害総額は約1300万。該当従業員の解雇、賠償請求、再発防止等、企業としてしかるべき対応を行っているという連絡ですかね。業績への影響は一切無いとの事です。

<以下は企業発表より>

https://www.aeria.jp/pdf/usDdAz

 

『ダイジャム』事前登録開始

12月7日、「DYNAMIC CHORD JAM&JOIN!!!!」の事前登録が開始となりました。合わせて「事前登録応援キャンペーン第1弾」もスタート。登録は公式Twitterをフォローする事で完了となります。

<以下は公式Twitter>

DC JAM&JOIN!!!!【公式】 (@dcjandj) | Twitter

 

『A3!』が「ベスト オブ 2017」ゲーム2部門でTOP5

12月1日に発表されたGoogle Play「ベスト オブ 2017」において、「ゲーム」アトラクティブ部門とユーザー投票部門においてTOP5に入賞しました!!

12月4日には各部門の大賞とベストアプリ、ベストゲームを発表されます。

<以下は企業発表より>

https://www.aeria.jp/pdf/pe1TAz

 

<以下はGoogle Japan Blogより>

Google Japan Blog: Google Play 「ベスト オブ 2017」を発表

 

「オタマート」でもすっごかった。。

11月、アニメのフリマサービス「オタマート」がアンケートをとった結果。『A3!』がヒットゲームで1位。茅ヶ崎至がヒットキャラクターで1位。2冠です。


<以下はオタマート公式twitter>

📣アンケート結果発表♪ 👑ヒットランキング2017👑今年の作品・人物・グッズを総括!

<該当ツイより抜粋:ヒットゲーム>

f:id:tomo0009:20171203222138p:plain


<該当ツイより抜粋:ヒットキャラクター>

f:id:tomo0009:20171203222200p:plain





ブロックチェーン・トレカ(仮)延期

11月中に開始と発表があったものの、延期となりました。

<以下は企業発表より>

https://www.aeria.jp/pdf/qGkMAz

 

『A3!』大型ビジョン映像

11月25日〜26日にかけて、『A3!』のオリジナルプロモーション映像が放映されます。今回は秋組の万里&十座で、もちろん録り下しボイス付き。場所は例によって、「東京・渋谷駅前」と「大阪・戎橋」の大型ビジョンです。

『アイ★チュウ』×『A3!』コラボイベント

11月20日より、『アイ★チュウ』と『A3!』がスペシャルコラボ。『アイ★チュウ』側は続報を待て!!『A3!』側は明日17日に詳細を発表です。

3Q決算

11月14日、第三四半期の決算が発表されました。

<3Q単体>
売上:40億6000万 営利:9億0800万
経利:9億4700万 純利:6億0400万

<1Q〜3Q>
売上:97億0200万 営利:23億8800万
経利:24億3900万 純利:15億0200万
(分野別売上)
コンテンツ:62億5700万 ITサービス:34億4500万

<以下2つは企業発表より>

f:id:tomo0009:20171114164105p:plain


買収×買収で資産も激増です。

f:id:tomo0009:20171114164247p:plain

 

今後の経営方針

今回は資料付きです。今後というか、現在進行形ではありますが、ゲーム一本ではなく非ゲーム事業とバランスを取りつつ経営に臨んでいくようです。最近のゲーム企業に見られる形ですね。あと、株式交換によるM&Aの正当性()を語っているところのは、、、。今後もこの形でやっていくっぽいですねぇ。

<以下は企業HPより該当ページ>
https://www.aeria.jp/pdf/ERGCAz

 

中期計画(2Q時点)

※記事自体も2Q時点です。

資料の中でコンテンツ事業展開の項がありましたが、「アリスマティック」と「サクラゲート」は同等。カジノなんかも割と意識しているのかも知れませんね。

以下は中期計画。不動産事業で17〜18年度の大幅な伸びは「impression」の売上を来期から(本格的に?)計上するためだと思われます。、、、情報待ちw

f:id:tomo0009:20170822010313p:plain


(追記)
資料に目を通してみましたが、 気になったのは不動産事業の伸び代(impressionの売上も考慮しています)を期待しているところ。東京オリンピックがあるとはいえ、厳しい状況にある分野なので、どちらかといえば不安が勝っています。ITサービス事業も、来年はともかく2年後の伸び!!

『みんなでカジノ』リリース予告

子会社「エイジ」、みんなで遊ぶソーシャルカジノ『みんなでカジノ』(スマホアプリ)を近日中に正式リリースする旨を発表。リリースに先駆けて11月14日より事前登録を開始しました。

ゲーム内のナビゲートキャラクター「七星さくら」のボイスを、指原莉乃さんがプロデュースする事で話題となったアイドルグループ「=LOVE(イコールラブ)」の「諸橋沙夏」さんが担当。公式Twitterにてサイン色紙等のプレゼントが行われるようです。

<以下は企業PRより>

https://aeria.jp/pdf/fbRCAz

 

『A3!』がユーザーTOP20にノミネート!!

『A3!』が「Google Play ベストオブ2017」のゲーム部門においてTOP20にノミネートされました。 投票は1人1回までとなり、12月4日のユーザー投票部門ベスト発表されます。

<以下は企業PRより>

https://www.aeria.jp/pdf/EV0CAz

 

『ラブライブ サンシャイン』とコラボ

子会社の「G G7」が運営する「HybridMind Market(HMM)」が『ラブライブ!サンシャイン!!』とコラボレーション。清瀬赤目氏描き下ろしのHMM限定の新商品や、人気限定商品の再販売などが行われます。開催場所は東京・原宿と福岡・博多です。

<以下はHMMより>

ラブライブ!サンシャイン!! セレクトショップ| Hybrid Mind Market

 

『ラブライブ サンシャイン』ショップを臨時出店

子会社の「G G7」が、2017年11月23〜29日にかけて「NEOPASA 駿河湾沼津上り線内」で「ラブライブ!サンシャイン!!プレミアムショップ」を臨時出店をするようです。台風被害にあった「あわしまマリンパーク」をはじめとした沼津市内の被災地域の復旧のために行うものです(売上の一部を寄付)。

企業として社会貢献活動をするというのはとても良い事ですね。私達の助けにもなれば、企業のイメージアップにも繋がります。

<以下は企業HPの該当ページ>

https://www.aeria.jp/pdf/U7HVAz

 

『ダイナー』×エイタロウソフト

エイタロウソフト社長「西島栄太郎」氏のツイッターにより判明。「ARライブ」を意識したものを目指していくようですね。ツイを読んでいると、大方完成していそうな言い回しですが、続報を待ちましょう!

<該当ツイートの一部を埋め込んでいます>

『AGF2017』

11月3、4日に開催されている『アニメイトガールズフェスタ』です。アエリアグループからも『A3!』『アイ★チュウ』『テンカウント』『ダイナミックコード』『ダンストリップス』などなど出展多数。各公式ツイッターを見ている限りはグッズの売れ行きも上々のようですねー。

<以下はアニメイトの該当ページ>

【AGF2017】出展社一覧 - アニメイト

 

『A3!』×『アイ★チュウ』

「AGF2017」内で発表。自社コラボなので融通がききそうです。詳細は後日Twitterでお知らせ予定らしい。

アエリア公式 twitter 爆誕!!

アエリアの公式IR・広報Twitterが誕生や!グループの最新情報をお届けするんやで〜。

<以下は公式ツイ>

https://twitter.com/aeria_PR

 

エディアと合弁会社設立〜続報〜

10月31日、先日(16日)に発表されていたエディアとの合弁会社について経過報告がありました。株式交換予定日は12月27日で、合弁会社化手続完了日は来年の1月22日を予定しています。

<たぶん、こんな流れ>
1・・・エディアが子会社「A&E」設立
2・・・アエリアが「A&E」を株式交換で完全子会社化
3・・・「A&E」がエディアに新株割り当て
4・・・エディアが新株を行使して株式取得(49%まで)

今回のスキームもややこしいので、全文に目を通すのはもちろん、色々な方の意見や考察を見た方が良さそうですね。

<以下は企業IRより抜粋>

f:id:tomo0009:20171031191038p:plain


<以下は企業IRより該当ページ>

https://www.aeria.jp/pdf/msaNAz

 

『A3!』TVCM放映(秋組・冬組 ver.)

「TOKYO MX」及び「BS11 の深夜アニメ放送枠」を中心に TV CM の放映が決定。今回は秋組・冬組バージョンで、摂津万里(CV:沢城千春さん)、冬組編は月岡紬(CV: 田丸篤志さん)の各リーダーを中心にした2パターン(15秒、30秒)が用意されているようです。

<以下は企業PRの該当ページ>

https://www.aeria.jp/pdf/QPHNAz

 

「AGF2017」に合わせたCM放映も

「AGF2017」に合わせて11月3日、4日に、池袋の街頭ビジョン4カ所でも15秒バージョンが放映されます。

『蒼焰の艦隊』マックスむらい&ゴー☆ジャスとコラボ

10月31日より、ゲーム実況バラエティチャンネル「ゴー☆ジャス動画@GameMarket」にてコラボレーション動画が配信されます。動画は「マックスむらい ch 編」、「ゴー☆ジャス動画編」と 2 部構成に分けて配信される予定です。

<以下は該当ページ>

https://www.aeria.jp/pdf/zcaNAz

 

 

 

ウェル社レポート

10月26日、ウェル・インベストメンツ・リサーチ社(ウェル社)が公表したものです。正直、このタイミングで何がしたいのやら。

<以下はウェル社よりレポート全文>

http://www.wellinvestmentsresearch.com/wp-content/uploads/2017/10/WIR-Report-Aeria-JP.pdf

 

アエリア反論

ウェル社レポートを受けて、アエリアから反論文が出されました。

以前、IRに問い合わせた方によると、IR担当は「『A3!』のDL数はリセマラ無し」と返信があったようですが(証拠画像も残しておられました)、なんと!!「リセマラをカウントしている。」旨が記載されていましたとさw

<以下はアエリアIRより>

https://www.aeria.jp/pdf/nxAJAz

 

自社株買い

10月25日付けで自社株買いを発表です。期間は5ヶ月ほどですね。25日付けの株価は1,754円(時価約314.5億)。


<下記は企業IRから抜粋>

f:id:tomo0009:20171025212357p:plain

 

「テンカウント」アプリ情報解禁

10月20日、アリスマティックが運営開発している「テンカウント」のアプリゲームのタイトルが発表されました。タイトルは『テンカウントanother days』で「Ameba」で先行配信が予定されています。ゲームだけのオリジナルストーリーもあるとの事。

11月1日から始まる「Double 10 Count - Secret Party in Osaka」にてアプリゲームの新情報&続報あり!!

宝井理人先生著の大人気BLコミック「テンカウント」は多くの賞を獲得しており、海外でも人気があるらしいです。
・「全国書店員が選んだおすすめBLコミック2015」 第1位
・「全国書店員が選んだおすすめBLコミック2016」 第1位
・「BLアワード2015」コミック部門ランキング 第1位
・『このBLがやばい!』2016年度ランキング 第1位
・「SUGOI JAPAN Award」漫画部門 第3位

<公式ツイ>

「テンカウント」ゲーム公式 (@10count_game) | Twitter


<宝井理人先生のツイ>

宝井理人 (@twittakarai) | Twitter

 

エディアと合弁会社設立

11月1日付けで、『MAPLUS』や『蒼の彼方のフォーリズム』などを提供する「エディア」と合弁会社を設立予定。目的は主に「女性をターゲットにした位置情報ゲームサービスを創出すること」。

未定項目多数!!w

<以下は11月16日16時に発表された適時開示>

http://www.certifiedpublicaccountant.biz/disclosure/view.pl/pdf/AAAFIX2BKY2FCQ2NGZFEEQKBIFHTON2U.pdf?id=59E45C69&session=07184640EDDB4B8DA5F415B50AB689C9&cc=AAAAAACFGA2TINJT

 

タイムボカンCM(もうやってるけど)

子会社のエイタロウソフトが提供する、TV アニメ「タイムボカン 逆襲の三悪人」のスマートフォン向けゲーム『タイムボカン ボカンメカウォーズ!』のCMが全国で放映中。

「タイムボカン 逆襲の三悪人」放映に合わせてアプリも大幅リニューアルされ、新システムや新たなステージの追加、更には「タイムボカン」や「ゼンダマン」とのコラボの実施が決定しています。

<以下は企業PRの該当ページ>

https://www.aeria.jp/pdf/JAkyAz

 

17年度買収企業

ニュース一覧以外の企業。

「アリスマティック」

日本を中心に世界各国で女性向け恋愛シミュレーションゲームを展開。多くの 企業にも採用されている自社エンジン「アリスマイル」に強み。量産してコツコツ利益を積み上げるコンセプト(っぽい)。『王子さまとイケない契約結婚』 『旦那さまが7人いる!?』などを運営し、世界ユーザー数は1,000万人を突破。

6月5日付けで子会社化。コンテンツの共同開発や効率的なサービス運営による基盤強化が狙いで、今後は海外進出を見据えた事業展開も視野に入れているそうです。

9月21日より、「ニコニコチャンネル」開始(アリスマティックチャンネル)。

「グッドビジョン」

「グッドビジョン」はソーシャルゲームやモバイルサービスの企画・開発・運営・コンサルティングなどを行っている会社。

今 回の子会社化を足掛かりとして「バーチャルリアリティー(VR)」事業への投資を推進していくようです。また、松本零士氏の著作物を扱う「オッヂピク チャーズ」とは、松本零士氏の新旧コンテンツを利用したVRゲームやスマホ向けゲームの開発・販売展開を行う事を昨年に合意済みです。

「Impression」

子会社化の目的は不動産とITを組み合わせた「不動産テック」を用いて不動産事業の拡大を計るためです。先日に子会社化を発表したばかりである「TWIST(民泊運営代行サービスを展開)」との連携も視野に入れたものだそう。

「Impression」 は投資用不動産の販売や投資用マンション開発、住居用不動産販売からリノベーション事業まで幅広く展開しています。自社ブランドに「Alivieアリビ エ」や「Espelumoエスペルーモ」。また、「楽天イーグルス」のオフィシャルスポンサーでもあります。

 

「TWIST」

「TWIST」 は民泊運営代行サービスを展開していて、主に、民泊専門の宿泊サイト「 Airbnb(エアビーアンドビー)」への運用代行を行っています。また、世界最大級の旅行会社である「プライスライングループ」の1部門を担う、アジア 最大のオンラインホテル予約サイト「Agoda」でも民泊掲載を開始しました。アエリアのもつ IT分野のノウハウを生かして「TWIST」の不動産価値を高める事が、結果的にグループに還元される、という感じですかね。

昨年度の売上は1億円にも届いていない状況です。民泊運用代行サービスといえば競合が多い印象もあるので、どこまで業績を伸ばせるか見物。

「サクラゲート」

子会社化の目的は新ゲームの制作や海外展開の強化、新しいゲームプラットフォームの開発が主な理由で、「海外」「乙女ゲー」「新分野」というアエリアが意識しているものにハマった感じでしょうかね。

「サクラゲート」は業界屈指のオンラインカジノ「888casino」にビデオスロット「エヴァンゲリオン」を提供。また、世界最大級のオンラインポー カーブランド「PokerStars」とPRに関する業務提携を行っています。乙女ゲーにも手を出していて、恋愛乙女ゲーム『恋のよろずや mini』を5月4日よりリリース。

 

「エイタロウソフト」

サクラゲートの時と同じく、「海外」「乙女ゲー」「新分野」がポイントでしょうか。エイタロウソフトは国内初のアプリによる「3Dエンジン」の開発に成功しており、そのノウハウがどういった形でアエリアグループと交わるのか、というところです。

『タイムボカン24 ボカンメカバトル!』『ブレイブオンライン』『私がお世話してあげる!』などを開発。 『私がお世話してあげる!』は2017年1月より香港・台湾・マカオで『天使學園之我的專屬女神!』の現地名でリリースされています。

乙女ゲームブランド「Littlesugar」2016年1月を設立し、『山の手男子』などを運営。声優プロダクション「ムーブメント」とは『ぼくらこれからデビューします♪』を開発中。また、サイバードとは『マジカルデイズ』などを協業し、「乙女VR」なるものも出展。

10月13日に株式追加。エイタロウの資金繰りの悪化を解消するためです。いまのところ、「今後はこのような株式交換による追加取得は発生しない予定」との事です。

サイバードと共同運営中の『マジカルデイズ』と、アイディアファクトリーと共同開発中の『ダンストリップス』を「TGS2017」に出展。ダンストリップは「VR仕様」で、今回は実際のゲームで登場するVRライブを体験出来るようです。

「ゼノバース」

「ゼノバース」は、主に Android プラットフォームで北米地域を中心にモバイルゲームを配信している「MAJOR LTD.グループ」のゲーム事業の事業譲受のみを目的として設立された企業。海外展開の強化のための一連の買収劇のうちの1つ、として数えられる感じでしょうか。

「MAJOR LTD.グループ」の業績に関しては以下をどうぞ。
 http://www.aeria.jp/pdf/sWcnBz

 

「G G 7」

アリスマティックから続くコンテンツ事業強化のための買収。特にマーチャンダイジング機能の補強が目的です。

「GG7」はアニメ×ファッションの融合をコンセプトにオフィシャルブランドの企画プロデュースを行う「Hybrid Mind Market」の運営を行う他、全国展開している小売店やキャラクターとアパレルブランド・飲食店とのコラボグッズをプロデュース。また、VR映像を使用した商品企画なども手がけています。新たな取り組みも始めており、高速道路のSAでのグッズ販売や、大手システム会社と全国約28,000店舗のコンビニ内マルチコピー機を活用したコンテンツ配信サービスなんかも行っています。

最近3年間は増収増益。以下は参考に。

<28年度業績>
売上:6億6400万:営利4100万
経利:3900万 純利:2100万

詳細は以下からどうぞ(記事も参考にしています)。

http://www.aeria.jp/pdf/lTfbBz

 

「トータルマネジメント」子会社化

11月20日に子会社化。取得価額は19.7億円。ImpressionやTWISTの買収による不動産事業進出の延長にあるものですね。

トータルマネジメントは、「不動産事業」としての戸建分譲、中古マンションリノベーション事業、不動産売買事業、「コンサルタント事業」としての不動産事業から派生する企業M&A、国内外の不動産投資事業、不動産関連資金調達コンサルタントを事業の柱している企業です。

<以下はここ3年間の業績>

f:id:tomo0009:20170927011521p:plain

 

株価と時価総額

<株価と時価総額(12月3日)>
1499円・・・28,817

2500円・・・44,304(単位は百万円)
3000円・・・53,164
3500円・・・62,025
4000円・・・70,866

※およそなので、極わずかなズレあり。

材料になりそうなもの(日々更新)

現在の状況的に、『スターリーガールズ』、『DYNAMIC CHORD』、『アイ★チュウ』(繁体字版を含む)などは物足りないレベル。このうち『アイ★チュウ』は頑張っている方ですが。尚、『秘密の宿屋』は、、、()。

イケメン役者育成ゲーム『A3!』

子会社の「リベル・エンタテインメント」が運営するスマホ向けイケメン役者育成ゲーム。「公式Twitter」のフォロワーは約36.7万人(12月3日付け)。

トピックス

・4月12日に300万DL突破。
・5月29日に333万DL突破。
・6月9日に350万DL突破。
・8月18日に400万DL突破。
・11月24日、450万DL突破。
・7月13日、twitterフォロワー30万人突破。
・9月29日、twitterフォロワー333,333人達成。
・18年冬(年明け)二部追加&二部主題歌。
〜〜12月〜〜
12月バースデースカウト「月岡紬&御影密」
1日、Google Play「ベスト オブ 2017」ゲーム2部門でTOP5入賞
2日より、ファミマ系列で「一番くじ A3!~わんわんといっしょ~」
4日より、限定ガチャ『サンタよ街へやってこい!』
6日より、シーズンイベ『Merry,Xmas! Mr.Blooming.』
8日、プレミアムバンダイ限定コレクションアイテム「A3! MANKAI☆コレクタブルキャンバス」受注開始。
8日、MANKAI寮の「特設サイトオープン」


注目ポイント

・Google Play「ベスト オブ 2017」ゲーム2部門でTOP5入賞
・自社IPで売上原価率が高い。
・グッズ、CD好調。
・LINEスタンプ配信早々1位。
・LINE着せ替え配信早々1位(春夏秋冬全部)。
・多くの企業やゲームなどとコラボしており、「earth music&ecology(earth JapanLabel)」「SuperGroupies」『太鼓の達人』「ナンジャタウン」などなど。
・ダウンロード数はリセマラあり(勘違いとか苦しい言い訳に草ァ!!)。
・リリース2ヶ月半で300万DL達成(草ァ!!)。
・セルランはダイヤ配布時期を考慮。
・凪期間はセルラン急降下。
・ファンミはCD+参加費(6,000円)が売上?
・キャラによってセルランが変化。
・アプリユーザー数はジャンルを考慮。
・同ジャンルアプリの掛け持ちユーザーが多い印象。
・収録ボイスが多い事が好評。
・エチュードバトルは大盤振る舞い。※重要です。
・運営の評価良し(ユーザー目線のアプデ多い)。

 

中華『A3!』

『A3!』の中国版ライセンス契約をbilibiliと締結。配信前から多数の運営会社よりオファーがあったようですが、下記理由により運営配信パートナーを「bilibili」に決定したとの事です。

・『アイ★チュウ』中国版の運営配信実績(2106年7月8日より)。
・日本のヒットタイトルの運営実績が多数ある(『Fate/Grand Order』など)。
・中国で最も日本のゲームユーザーを擁し、運営チームも日本のゲーム運営を熟知。

また、メディアミックス展開及び関連グッズ展開も許諾地域内で実施することもライセンス契約に含まれているそうです。


以下は中国版の該当サイトです。

a3.biligame.com

中華『A3!』のミニマムギャランティー

8月22日、「bilibili」との『A3!』の中国版ライセンス契約に基づき、最低保証金(ミニマムギャランティー)の受領を確認した旨が発表されました。既に中国大陸で配信されている『アイ★チュウ』中国版より好条件だそう。尚、金額に関しては契約により非公開となっています。

 

『A3!』LINEスタンプ&着せ替え配信

LINEスタンプと着せ替えは両方で600円。クリエイターの取り分は売上の35%。着せ替えに関しては「今後も続々と登場予定」です。

<売上計算(両方を購入した場合)>
5万人で1,050万円
10万人で2,100万円
15万人で3,150万円

※1万人につき210万円。

 

『A3!』第二部&主題歌制作

『A3!』初のファンミーティング「A3! FIRST Blooming FESTIVAL(ブルフェス)」にて第二部制作決定を発表。第一部と同じく「フルボイス」での新規メインストーリーとなるようです。また、合わせて第二部主題歌制作決定も発表されました。おなじみの大石昌良さんが制作を担当します。

<以下は『A3!』公式の該当ページ>

https://www.a3-liber.jp/news/20171028-629

 

MANKAI寮見学ツアー

『A3!』一周年を記念して、展示イベント「MANKAIカンパニー presents MANKAI寮見学ツアー」の開催も決定。東京、名古屋、大阪の三会場で行われる予定です。

<以下は『A3!』公式の該当ページ>

https://www.a3-liber.jp/news/20171028-628

 

本格海戦ゲーム『蒼焰の艦隊』

 子会社の「リベル・エンタテインメント」が制作・運営しているスマホ向け次世代戦艦シミュレーションゲーム。男性向けで、以前に30〜50代をターゲットにしたアプリを制作したいと発表されていました。7月3日より事前登録を開始。9月1日にリリース。

公式フォロワー約14,000人(11月10日付け)。

トピックス

・7月3日、事前登録開始。
・8月28日、事前登録10万人突破。
・9月1日、リリース。
・10月11日より、ギルド実装。
・ギルド対決「大海戦」実装予定(12月)。
・「拠点アメリカ(スクラップ工場あり)」実装予定(12月)。
・10月31日より、マックスむらい氏、ゴー☆ジャス氏とコラボ動画配信。
・11月8日より、ギルド用コンテンツ第一弾「幽影戦」実装。
・11月8日、メインストーリー追加(フィリピン海まで)
〜〜12月〜〜
・1日より、高難易度イベ「邂逅 ドーバー海峡からの生還 第二部」
・3日より、ガチャ【ヨークタウン参戦サルベージ!】
・6日より、イベ【影滅作戦ニテ我、発艦セリ】
・12月9日で【リリース100日記念!】キャンペーンとか。
上記:大盛カレー配布
上記:インゴット増量セール(12/11まで)
上記:「瑞鳳」限定サルベージ
上記:記念ログインボーナス(12/9から)

ポイント

・20万DL突破。
・男性向け。
・迫力あるPVは岩本晶氏(シン・ゴジラ)を起用。
・金曜日はカレーの日で資源配布。
・いまのところ、争奪戦に限り超人気。

『DYNAMIC CHORD JAM&JOIN!!!!』

子会社の「アスガルド」が開発中のスマートフォン向けソーシャルアプリ。通称『ダイジャム』。

公式フォロワーは約17,000人(12月8日)

トピックス

・10月5日、ティザーサイトオープン。
・11月24日、公式サイトオープン。
・12月7日より、事前登録開始。

『テンカウントanother days』

宝井理人先生が描きおろす大人気BLコミック「テンカウント」のアプリ。運営・開発はアリスマティック。Ameba版はゲームだけのオリジナルストーリーが味わえるとの事。

公式フォロワーは約21,200人(12月3日)

ちなみに「テンカウント」は多くの賞を獲得しており、海外でも人気があるらしい。
・「全国書店員が選んだおすすめBLコミック2015」 第1位
・「全国書店員が選んだおすすめBLコミック2016」 第1位
・「BLアワード2015」コミック部門ランキング 第1位
・『このBLがやばい!』2016年度ランキング 第1位
・「SUGOI JAPAN Award」漫画部門 第3位

トピックス

・10月20日、タイトルなどを発表。
・AGF2017に出展予定。
〜〜11月〜〜
・14日発売の「Dear+12月号」にて漫画は最終回。
・14日、事前登録開始。
・14日、18年に延期を発表。
・28日、TwitterとLINEでも事前登録開始。

ファーストペンギン(子会社)

アフィリエイトシステムを提供するASPの中でも国内最大手である「インフォトップ」を運営。東南アジア専門の就職支援サービス(CoCoCarat)なんかも手がけています。ファーストペンギンへ商号を変更したのはアエリアに買収された後ですね(イメージの悪いアフィ臭を消すためだと勝手に思っていますw)。あと、上場を目指しているのと事。

下記は官報の決算公告で、1年で2.66倍増の純利益。

<10期>
利益剰余金  :52,431千円
当期純利益  :90,263千円

<11期>
利益剰余金  :273,128千円
当期純利益  :240,208千円

トピックス

・5月1日、海外就職支援の事業拡大に備えて有料職業紹介事業の許可を取得。
・8月16日、「CoCoCarat」サービス拡充。

「CoCoCarat」サービス拡充。

東南アジア特化型就職支援サービスで、16年5月からスタート。こういう事業は信頼性あってのものでしょうし、長く実績を積み重ねていく事が重要になりそう。将来的に「東南アジア」で海外就職というのが活発になってくる様な見通しでもあるのでしょうかね、、、??

『ブロックチェーン・トレカ(仮称)』の共同開発

「コンセンサス・ベイス」とデジタルトレーディングカード『ブロックチェーン・トレカ(仮称)』を共同開発。デジタルトレカの汎用性を拡大するサービスを行っていく?という感じですかね。今後は協業範囲を拡大して「オンライン通貨の開発・提供」や、「ゲーム通貨の ICO 」なんかも考えているようです。

今回発表となった『ブロックチェーン・トレカ(仮称)』は11月から提供開始されます。まずは『DYNAMIC CORD』などの、アエリアグループ会社のキャラクターをリリース(やっぱり『A3!』は慎重にいくのかしらw)。また、この『ブロックチェーン・トレカ(仮称)』をデジタルトレカのプラットフォームとして普及させるために多方面にも働きかけていくようですよ。

11月29日に延期発表。

<以下は該当ページ>

http://www.aeria.jp/pdf/m58mBz


<以下でコンセンサス・ベイスの実績を確認できます。>

ブロックチェーン開発の実績・主要お取引先 | コンセンサス・ベイス





※本文は信頼出来る情報を元にした自己見解です。内容に関する正確性の保証は出来ませんので、あしからずご了承下さい。
※投資判断、売買は自己責任でよろしく!