株の図書館

株の図書館

サイト再構築中っす!!!

MENU

<銘柄メモです>アエリア 3758

自分用のメモを兼ねています。

なるべく正式に発表されたものを基準に。

適宜追加、消去、修正等を行う予定。

大きく修正する際、一時的に下書きに戻す(見れなくなる)事があります。

 

最新更新(6月25日)

気になっている間はちょくちょく更新。

 

考察してみた(日々更新)

f:id:tomo0009:20170417005059p:plain


<2016年度の売上の内訳>
売上:59億0600万(コンテンツ34.40% ITサービス65.60%)
コンテンツ:20億3100万 ITサービス:約38億7400万

<2017年期会社予想>
売上:67億 営利:6億
経利:7億 純利:5億
営業利益の内訳は(コンテンツとITサービス約50%ずつ)

<1Q>
売上:22億6900万 営利:4億3600万
経利:4億2700万 純利:2億2900万

<1Qセグメント別>
ITサービス・・・売上:約9億4100万 営利:約1億0100万
コンテンツ・・・売上:約13億5400万 営利:約3億4200万

※売上は「調整額」計2600万のズレ。営利もそれに準じます。

<「5月9日」通期上方修正後>
売上:91億 営利:17億
経利:18億 純利:12億

//25日記述//
『シャニライ』はどうしても意識されるので、週明けは軟調な流れも考えられます。ただ、分割前であり、業績思惑もあり、何より『A3!』を愛する乙女たちの熱量を見てるとわからなくなりますねw 時価総額480億以下は安全圏、540億以上は重い目線。

結局、『A3!』1本だから揺さぶりが大きくなってしまうわけで、「艦隊もの」のティザーサイトはよはよ〜。

//23日記述//
分割権利日まで2営業日(27日)。

ゲーセクはここにきて仕掛けられました。ただ、何か悪材料が出ての下げではないので、冷静に見ていた人は欲しい銘柄を上手く拾った感じ??

『シャニライ』の事前登録が開始です。『A3!』や同ジャンル他アプリにも影響が出ると思われますが、土日を挟むので様子を見ながら判断。実際、ゲームとしての方向性は違いますし、ユーザー層も違う感じがしますがね。

あと、『A3!』ファンミの会場が「中野サンプラザ」に決まりました。収容人数からすると、結構な倍率になるよコレ。

//21日記述//
分割権利日まで4営業日(27日)。今は、材料を出すなら分割後の方が良いかなと思っています。あと、上方修正は凄まじい数字じゃ無ければ要りませんね。

『A3!』は新キャラらしき人が、、、。イベントのストーリー内で登場しますが、今のところは名前がないです。今回でイベントは各組1周したので、そろそろストーリーやキャラの追加があってもおかしくはありませんし、ユーザーもこの辺りの追加を待っていると思います。もしかしたら、最後に全組合同イベとか放り込んで来るかもしれませんが、、、w

『アイチュウ』は2周年記念が決定。アリスマから『ぶら婚』がリリース(現在はAndroidのみ)。

//20日記述//
予想外の上昇で高値も更新と。アエリア、オルト、エムアップの順番で仕掛けが入りましたが、アエリアは何か材料でも出たのかと、、、。本日から始まる『A3!』のイベ期待もあり??

仮に『A3!』だとして、、、。今まで観察した感じからだと、『A3!』の冬イベに関するセルランは、特攻ガチャが始まった18日から19日がピークなはず。イベ期間は現在の位置(ios13位)付近を堅調に推移する事はあっても、TOP5に食い込む様な大幅上昇は無いと見ています。イベントを走るために石を割る方に比重が傾きますしね。今の順位でも十分ぐらいなので、過度な期待は禁物です。仮に上がればラッキー程度で良いかと思われ。

また、今月はこれまでのセルランが特に良いので、業績期待もあれば、分割もありますし、時価総額1200億のアカツキと見比べると割安に見えなくもないので、色んな要素が重なって勢いに乗ったのかも。

//19日記述//
株価は何か無い限りこの辺りをヨコヨコ。『A3!』ツイッター公式フォロワーはまもなく29万人に到達しそうです。日々増加している、という事が重要。

株価を考慮して考えると、コンテンツ系の中で「リベル」以外の子会社は息をしていないに等しい状況、、、あぁ。

//17日記述//
『A3!』は凪期間。イベ的なものが何も無い時期は課金要素が全く無いに等しいので、セルランもさすがに急降下。月間セルランを見る時はこの辺りを考慮する必要がありますね。

//15日記述//
分割権利日まで8営業日。という事で、分割思惑もそろそろ。『A3!』は冬イベまで課金控えがあるので、下落するであろうセルランの影響に注意。ずっと監視していれば問題無いと見るでしょうが、よく知らないと違った見方をしてしまう可能性が大いにあります。売り仕掛けがきそうできそうで。

『A3!』の冬組第二回公演『主人はミステリにご執心』は20日から。間に限定ガチャ等を入れて来ないパターンは初でしょうか。課金臭が強くなってきていて、ユーザーが疲弊している感もあるので、ここらで休息も必要でしょう、、、。今回のイベが、春夏秋冬の第二回公演イベ&合同イベの最後となりますが、ストーリーやキャラの追加はしないの、、、?

あと、アエリアHPの関連事業ページが更新されました。リンクがおかしかった部分とかありましたしねぇ。

//14日記述//
ゲーセクは明暗が分かれました。ただ、任天堂が崩れていないので、一部銘柄の仕掛けに連鎖反応が起こった印象。アカツキ(時価総額1100億突破)に引っ張られてアエリアも伸びると見ていましたが、時価総額560〜570付近を突き抜けるのはなかなか難しい感じですね。何か材料が来ない限りは行ったり来たりになるかも。

『A3!』の今回のイベントの参加者は20万人を超えました(様子見もいそうですがw)。6月は想像以上に好調に推移しています。他に何かあれば一気に飛びそうなのに勿体ないなー、、、。

//過去の記述&修正//
時価総額540億まではあってもおかしくないと見ていますが、それ以上に関しては「+α」と見ています。

『A3!』は変わらずユーザーの熱量ゴイスー。公式フォロワー数も夏までに30万人を突破しそう。イベント時にはセルランTOP10内を維持出来る様になってきました。なので、売上を予測する際には、月平均だけではなく、TOP圏にどれだけいたのかも重要な要素となりそうです。

「スーパーグルーピーズ」とのコラボグッズが好調。5月24日発売のCDも好調。「アプリ課金はしないが、グッズなどにはお金を出す」というタイプの方もいるので、コンテンツを長続きさせる上で、アプリ以外の要素はとても重要。これだけ人気があれば、アニメ化や映画化、舞台化なんかも期待が出来そうですね。

時価総額の底上げは『A3!』以外に柱となるものが欲しいところです。現状だと、時価総額450億あたりから重たくなるかなと見ています。というところでしたが、ゲーセクバブルで水準が引き上げられた感も。現状はあくまでも「バブル」目線ですが。

『A3!』の深夜アニメ枠CMや、東京と大阪におけるオリジナルプロモ映像の放映。これらの広告宣伝費は2Qで処理?

『秘密の宿屋』の様に、ユーザーが少ないアプリの損益分岐点がどの辺りに設定されているのか注目しています。ゲーセクを触る上での参考になるかも。『Chain Blood―かぞく婚―』のように、事前登録キャンペーンで目標人数が低いものに関しても同じです。アリスマティックの自社エンジン「アリスマイル」は低コストらしいですが、通常に比べてどれほどコスパが良いのでしょうかね。

「グッドビジョン」子会社化。VR思惑が膨らみますが、思惑以前に『ホットドッグパレス』がサービス終了しますし、今後の業績面で不安があります。「宇宙戦艦ヤマト」関係で何かするといっても、例の『秘密の宿屋』でも「カイジ」や「つぐもも」とコラボ出来るぐらいですしね、、、。とりあえず、具体的な動きが見えるまではネガティブ目線。

ちなみに「アリスマティック」は売上15億(過去3年から参照)、営業利益は1億3700万円(営利は企業の財務予測)らしいです。

「アリスマティック」のBL専門ブランド「A×BL」の第一弾『Chain Blood―かぞく婚―』は事前登録延期。既存システムの量産スタンスではクオリティに難が出て当然でしょうねw 力を入れて作った作品ですら売れるかどうかわからない時代です。

『A3!』が「タワレコ」とのコラボという事で、これは良い宣伝になりそうです。対象CDはファンミのチケット優先販売申込券が入っているやつですね。あと、「HMV」でもキャンペーンがありますが、ファンの人はどちらで買うの?こういうメディアミックス戦略は『艦隊もの』でも生かされそうで好感。

1Q コンテンツ事業の売上の中から『A3!』の売上をざっくりと計算。元の通期予想67億×34.4%(16年度を参考)=約23億。これを四半期で割ると。およそ5億7500万。これと1Q の数字を比較すると、1Q 期間における『A3!』売上は大体7〜8億でしょうか。まぁ、16年の内訳(%)を使うと、ITサービス事業の通期売上予想が44億と少し高い印象ですし、きっちり四半期で割るのもアレなので、あくまで「ざっくり」です。また、シンプルに前年同期比と比べてみても、同じ様な数字が出てきますね。

1Q 期間における『A3!』のセルラン月平均は45位+4日分。3ヶ月計算だと11〜12億。2Q 期間は4月(31.6位)5月(36.2位)6月25日まで(19.6位)。セルランTOP圏をどれぐらい維持したのかも考慮。1Q よりもアプリ売上は伸びそうですし、グッズ等の売上も更に上なハズ。自社IPの利益率の高さは「PL」の売上高に対する売上原価を見れば一目瞭然です。

※セルランは「AppDB」を参照。反映がリアルタイムより遅めな感。

ITサービス事業の前年同期比売上は2.1%減、営利は20.1%増。販管費を大幅に抑えて営利を確保という事でしょうかね。四半期ごとの売上は、新規に何か無い限り10億前後で推移。営利は、増率から考えると販管費を更に大きく抑えるという事は難しそうなので1億前後で推移。大体企業予想通りですが、営利に関しては予想を少し超えてくるかも。

通期売上100億は超えてきそう。今のところは純利16億〜18億で予想。ITサービス事業は堅調ですが、コンテンツは『A3!』のみと言っても良いぐらいの状態。もう1つ柱となるものが欲しいですね。同ジャンルで『シャニライ』の様なライバルがリリースされる事で影響はあるでしょうが、夏リリース予定の「艦隊もの」がそこそこレベルでも成功すればもっと上へGo!!

ポイント

・ITサービスは堅調だが、コンテンツは『A3!』が1本柱状態。
・『A3!』のiosセルラン月平均は1月(69位)2月(45.7位)3月(44.5位)4月(31.6位)5月(36.2位)6月25日まで(19.6位)。
・『A3!』のセルランはTOP圏内にいた日数を考慮。
・『A3!』はiphoneユーザーの割合が多い(らしい)。
・『A3!』のセルランはダイヤ配布の時期も考慮。
・『A3!』CD及びグッズ(コラボ含む)は引き続き好調。
・リベル第三弾アプリのリリースは夏予定。
・『A3!』CM放映分の広告宣伝費は時間帯も考慮(TOKYO MX及びBS11の深夜枠という事なので、言う程かからないかも??)。
・「アリスマティック」子会社化(6月5日)。
・「グッドビジョン」子会社化(7月12日)。
・ITサービス事業は堅調(1Q)。
・通期予想は控えめ。
・自社IPの利益率はやはり高い。


※セルランは「AppDB」を参照。反映がリアルタイムより遅めな感。

 

NEW!)『アイ★チュウ』2周年記念

『アイ★チュウ』はまもなくリリース2周年。これに合わせて第2回キャラクター総選挙「I★Chu Award 2017」が2017年7月1日〜31日に開催されます。同時に、2周年を記念したイベントも多数開催される予定です。

<詳細は以下からどうぞ>

http://www.aeria.jp/pdf/xKqdBz

 

グッドビジョン子会社化

「グッドビジョン」はソーシャルゲームやモバイルサービスの企画・開発・運営・コンサルティングなどを行っている会社。

今回の子会社化を足掛かりとして「バーチャルリアリティー(VR)」事業への投資を推進していくようです。また、松本零士氏の著作物を扱う「オッヂピクチャーズ」とは、松本零士氏の新旧コンテンツを利用したVRゲームやスマホ向けゲームの開発・販売展開を行う事を昨年に合意済みです。

平成29年7月12日付けで子会社化。株式交換に際して144,000株が新たに交付される予定です。

<以下はコンサルティングで関わった企業>
※グッドビジョンHPより

■コンテンツ企業(抜粋)
 ・MTI
 ・ザッパラス
 ・インデックス
 ・クワトロメディア
 ・日本エンタープライズ
 ・クルーズ
 ・MTV
 ・エディア
 ・ビーツーアイジャパン
■メディア企業(抜粋)
 ・KDDI
 ・ジュピターテレコム(JCOM)
■その他(抜粋)
 ・Mediba
 ・モバイル&ゲームスタジオ

『戦乱の烽火』がサービス終了

子会社の「ソアラボ」が運営しているスマホ向け三国志3DアクションRPG『戦乱の烽火~三国志英雄戦記~』が2017年6月28日をもってサービス終了です。今作は全世界で2500万DLを誇る『X 三国』(中国)を日本向けにローカライズし、2016年の10月25日にリリースされたものでした。

『A3!』がSuperGroupiesとコラボ

アニメやゲームとのコラボファッションに力を入れているアパレルブランド。公式ツイッターのフォロワーは6万を超えます。

 

『A3!』LINE着せ替え新バージョン

5月24日、夏組LINE着せ替えを配信。

『モカデミア』にて「マストドン」開設

子会社の「コントラス」が運営している「魔法珈琲専門学校モカデミア」にて、マストドンインスタンス「魔法珈琲専門学校モカデミドン」を開設。

『A3!』がタワレコと3大コラボ

タワーレコードがおススメするアニメ作品や声優、アーティストと様々な企画を行う「NO ANIME, NO LIFE」とコラボ。5月24日(水)に春組と夏組、6月28日(水)に秋組と冬組と、計4枚のゲーム内演劇ユニットのミニアルバムの分です。


<ソース及び詳細は以下>

NO ANIME, NO LIFE.vol.41 TOWER RECORDS ・ A3! - TOWER RECORDS ONLINE

 

第一四半期決算短信

5月9日、1Q発表。

<28年度との比較(全部増)>
売上:8.3億 営利:4.6億 経利:3.8億 純利:2.4億

f:id:tomo0009:20170509185854p:plain

 

通期上方修正

決算発表と同時に通期上方修正。発表を見る限りでは『A3!』の売上が主な要因ですね。

<ポイント>
・『A3!』が主な要因
・1Qをベース
・保守的に予想
・海外展開の営業もあるため成長率の予測が困難

f:id:tomo0009:20170509190112p:plain



「ニコ生」

5月2日に『MANKAIカンパニー春の公開生稽古』を放送。

ファンミーティング開催

『A3!』初のファンミーティングを2017年10月28日に開催。5月24日(水)と6月28日(水)に発売するCDにはチケット優先販売申込券を期間限定特典として封入。

<以下はファンミ詳細ページ>

NEWS| 【公式】A3!(エースリー)

 

有名アパレルメーカーとコラボ

宮﨑あおいさんのCMでおなじみの「earth music&ecology」とコラボ決定。運営は「ストライプインターナショナル」。15〜17年の中期経営計画によると、日本と中国を中心にグループ総店舗数1687店舗(FC込み)を予定しており、売上高1591億円、経常利益116億円を目指すそうです。

 

株価と時価総額

4000円・・・32,938(単位は百万円)
5000円・・・41,173
6000円・・・49,407
7000円・・・57,642
8000円・・・65,877

<銘柄比較(6月23日)>
アエリア時価総額・・・52,334
ドリコム時価総額・・・59,870
アカツキ時価総額・・・120,103

※およそなので、極わずかなズレあり。

 

材料になりそうなもの(日々更新)

現在の状況的に、『スターリーガールズ』、『DYNAMIC CHORD』、『アイ★チュウ』(繁体字版を含む)などは物足りないレベル。このうち『アイ★チュウ』は頑張っている方ですが。尚、『秘密の宿屋』は、、、()

イケメン役者育成ゲーム『A3!』

子会社の「リベル・エンタテインメント」が運営するスマホ向けイケメン役者育成ゲーム。「公式Twitter」のフォロワーは約29.1万人(6月23日付け)。

トピックス

・4月12日に300万DL突破。
・5月29日に333万DL突破。
・6月9日に350万DL突破。
・4月25日よりLINESTORE にてスタンプ&着せ替え配信。
・5月24日より「夏組LINE着せ替え」配信。
・5月1日〜31日にCM放映。
・東京渋谷、大阪戎橋でプロモ放映(5月27〜28日)。
・初のファンミ開催(10月28日)を発表。
・「earth music&ecology」とコラボ決定。
・「SuperGroupies」とコラボ決定。
・「タワレコ」と3大コラボ。
・6月1日〜30日、6月限定『バースデースカウト』。
・6月18日より特攻ガチャ『ノックスの十戒』。
・6月20日より『冬組第二回公演 主人はミステリにご執心』。

注目ポイント

・自社IPで売上原価率が高い。
・グッズ、CD好調。
・LINEスタンプ&着せ替えは配信早々に1位。
・深夜アニメ枠でCM放映。
・ダウンロード数はリセマラ無し(IRに確認した方あり)。
・リリース2ヶ月半で300万DLは達成(他社ゲームと比べてかなり早い)。
・イベではセルランTOP圏を推移するほどに成長。
・セルランはダイヤ配布時期を考慮。
・Androidも順位が好調に。
・凪期間はセルラン急降下。
・ファンミはCD+参加費(6,000円)が売上?
・キャラによってセルランが変化。
・ニッチなジャンルなので、ユーザー数はある程度でとまる。
・同ジャンルアプリの掛け持ちユーザーが多い。
・『シャニライ』等のライバルアプリの影響を考慮。

『A3!』LINEスタンプ&着せ替え配信

LINEスタンプと着せ替えは両方で600円。クリエイターの取り分は売上の35%。着せ替えに関しては「今後も続々と登場予定」です。

<売上計算(両方を購入した場合)>
5万人で1,050万円
10万人で2,100万円
15万人で3,150万円

※1万人につき210万円。

 

株式分割

平成29年6月30日現在の株主を対象に、1→2の株式分割を実施。権利付最終日は6月27日です。

 

リベル第三弾「艦隊もの」

 子会社の「リベル・エンタテインメント」が制作中の男性向けの「次世代戦艦シミュレーションゲーム」で「17年夏」にリリース予定。30代〜50代をターゲット?

ファーストペンギン(子会社)

アフィリエイトシステムを提供するASPの中でも国内最大手である「インフォトップ」を運営。東南アジア専門の就職支援サービス(CoCoCarat)なんかも手がけています。ファーストペンギンへ商号を変更したのはアエリアに買収された後ですね(イメージの悪いアフィ臭を消すためだと勝手に思っていますw)。あと、上場を目指しているのと事。

下記は官報の決算公告で、1年で2.66倍増の純利益。

<10期>
利益剰余金  :52,431千円
当期純利益  :90,263千円

<11期>
利益剰余金  :273,128千円
当期純利益  :240,208千円

トピックス

・5月1日、海外就職支援の事業拡大に備えて有料職業紹介事業の許可を取得。

アリスマティック

日本を中心に世界各国で女性向け恋愛シミュレーションゲームを展開。多くの企業にも採用されている自社エンジン「アリスマイル」に強み。量産してコツコツ利益を積み上げるコンセプト(っぽい)。『王子さまとイケない契約結婚』『旦那さまが7人いる!?』などを運営し、世界ユーザー数は1,000万人を突破。

6月5日付けで子会社化。コンテンツの共同開発や効率的なサービス運営による基盤強化が狙いで、今後は海外進出を見据えた事業展開も視野に入れているそうです。

「A×BL(エービーエル)」

「アリスマティック」が設立したBL専門ブランド。第一弾『Chain Blood―かぞく婚―』が6月21日にリリースされました。



※本文は信頼出来る情報を元にした自己見解です。内容に関する正確性の保証は出来ませんので、あしからずご了承下さい。
※投資判断、売買は自己責任でよろしく!