株の図書館

株の図書館

サイト調整中です(勝手におかしくなってつれぇわ)。

MENU

<銘柄メモです>KLab 3656 


自分用のメモを兼ねています。

なるべく正式に発表されたものを基準に。

適宜追加、消去、修正等を行う予定。

大きく修正する際、一時的に下書きに戻す(見れなくなる)事があります。

 

 最新更新(2月13日)

気になっている間はちょくちょく更新。

考察してみた(日々更新)

f:id:tomo0009:20170513214728g:plain

<2017年1Q>
売上:52億4900万 営利:9億3500万
経常:10億5500万 純利:6億8900万

<2Q>
売上:56億7500万 営利:10億3300万
経常:11億3000万 純利:7億6500万

<3Q>
売上:73億1300万 営利:12億3700万
経常:15億8100万 純利:11億3200万

<4Q>
売上:85億3900万 営利:16億8400万
経常:10億8600万 純利:5億4000万

<通期>
売上:267億7700万 営利:48億9100万
経常:48億5300万 純利:31億2700万

<来期予想(下限〜上限)>
売上:335億〜385億 営利:37.5億〜62.5億
経常:36.5億〜61.5億 純利:23.5億〜42億

//2月13日記述//
決算でしたが、もはや地合いの方が気になっていますw 時価総額がだいぶ下がっているとはいえ、市場が落ち着くまでは業績もクソもないですしね。明日決算のアエリア、アカツキにはセクターのためにも良い内容を出して欲しい。

4Qは季節イベがあったとはいえ、予想よりも売上が伸びている印象です。グロ版『キャプ翼』が約27日分しか計上されていない事を考えれば、まだまだ伸びしろはあるはず。

気になるレンジ幅ですが、決算説明資料には以下の様にありました。

f:id:tomo0009:20180213181718p:plain
とりあえず、『スクスタ』と『中華ブリーチ』は大丈夫だと思っています。『幽幽白書』は未知数、『禍つ』はもう少し情報が欲しいところ。

『WUG』と『デスマ』は、あるとすれば外製のパイプラインに入ってくる感じですかね??もしもアプリ化するならファン向けになりそうなので、どうせならもっと広く知られたIPの方が企業的にも良さそうなんですが。まぁ、今はお近づきになっている程度なので続報待ちです。

//2月10日記述//
月曜日が休日なので、週明け一発目の13日に決算です。営業外費用の計上がありましたね。貸倒引当金に関しては前向きな処理と考えていて、為替差損に関しては特に気にしていません。そもそも為替差損益で判断する様な企業なら、投資対象ではありませんしw

個人的には決算数字よりも今後の施策に注目していますが、ゲーム事業に絞るという姿勢に見合った内容を期待していますよ!

//2月6日記述//
5日のダウがドボンしてしまった影響で日経もドボン。追証回避売りも出たでしょうし、色んな銘柄が連動しまった感じでしょうか。FRBのパウエル新議長は何か手をうたないのでしょうかね。。

KLabは時価総額が約630億という事で、市場が落ち着きさえすればって位置ではありますが、短期的にはわかりませんね。 すごい決算が出たトヨタでもわからないw 日本株が独自に動くという未来は来ないのかしら。

こんな相場だと、クオカードを入手出来る人はかなり少なくなっていそうですね。 今年だけは特例で優待条件を切り替えれば、買いも入りやすくなりそうですが。

//2月4日記述//
ダウ666安がニュースに取り上げられた事で、実際の下げ幅以上に影響が出そうな雰囲気。立ち回りが難しそうです。一応、過剰にGDするなら(短期的には)寄り底になる可能性も視野に入れています。まぁ、無理をして触る必要もないわけですがw

そろそろ決算が気になるところですね。今期の数字はある程度織り込んでしまっている気もするので、来期の施策の方が重要かなと見ています。新作は『スクスタ』『中華ブリーチ』『禍つ』『幽幽白書』ぐらい。。?ここらでもう1本ぐらい思惑を生みそうな発表でもあれば、良い意味でダメ押しになりそうなんですが。

//1月28日記述//
24日に機関がめっちゃ買い戻していたのか。まぁ、それはさておき。金曜日は結構な売りが入りましたね。業績は問題が無さそうなので、後は先につながるような大きめの思惑が欲しいところでしょうか。

それにしても『スクスタ』の特番すごいなw 新情報は少なめでしたが、人気に関しては相変わらず問題なさそう。『禍つヴァールハイト』の続報はいつ出るんだろ。。良さげなら良い思惑になりそうなんですが。

//1月24日記述//
遂に終値2000円突破!!スイスが元気よく売り増しているのは気になりますがw

『シャニライ』のグローバル版と簡体字版が同時リリース。中国では乙女ゲーが受け入れるてる事もわかりましたし、リリース時期自体は良いですね。

<配信先>
『うたの☆プリンスさまっ♪Shining Live』:日本
『Utano☆Princesama Shining Live』:日本、中国大陸以外の※全世界
『歌之王子殿下:闪耀之星』:中国大陸

※136以上の国と地域。

//1月21日記述//
2000円の壁!!

高値圏の信用期日の関係か、どんどん信用買残が減っていますね。これ自体は良いのですが、上値が重くなりそうな時期というか、2月末まではシャニライ相場でinした人が待ち構えていそうで。 1月末から1週間ほど緩みそうな期間があるので、そこで何か起きてーーー!!w

ドイロンとスイスが売り増し。2000円に近づくにつれて、という感じはします。

//1月18日記述//
今日の日経の動きを考えると、力強い動きだったように思います。後は何かしらの決め手があれば。

そして、遂に信用買残が600万株を切りました。思っていたよりも早いペースで、これはいい流れ。

『シャニライ』簡体字版は配信が24日に決定。正直、これは未知数ですね。コスト面も含めて、やるだけの価値があると判断した企業を信じるしかないw

//1月16日記述//
仕手株のパワープレイが凄まじいw

KLabもなかなか揺さぶりのある動きですが、チャートはまだまだ良い感じ。過熱感は無い方が良いものの、過去の動きを考慮すると、節目の2000円に関しては一気に突破してもらう方が良さそう。何か材料でも出ないかなw

信用買残は減りに減って約616万株(15日付け)に。機関は空売り残を減らしてはきているものの、「スイス」の動きを見ていると、あわよくばという感じでチャンスを伺っているところもありそうで。以前よりも不安要素は少ないですが、価格帯的にも注意して見ています。

//1月13日記述//
遂に雲抜け。機関は更に撤退中で、11日付けの信用買残は650万株を切りました。風向きが良くなってきていますし、KLabで無くても良いので、ここらでゲーセクに追い風となるような材料が出てこないかなー。。

12日はブロッコリーの決算でした。『シャニライ』の取り分が気になるところですが、もう少し売上の詳細がないと憶測の域は出ませんね。通期修正もありましたが、これは保守的な予想だと見ています。

【3Qまでの各分野の状況】
・コンテンツ:前年より減も、売上・利益は大きく貢献
・ゲーム:順当な売上・利益
・他社ライセンス:売上・利益は前年より増、営利は計画より減
・フィギュア:計画並
・カードゲーム:通期で赤字
・カードゲームサプライ:前年より減も営利は黒

【売上原価率】
1Q(約74%)2Q(約69%)3Q(約66%)

【決算】
<1Q単体>
売上高:7億1700万 営利:−8800万 経利:−8300万 純利:−5800万
<2Q単体>
売上高:15億3100万 営利:1億7300万 経利:1億8200万 純利:1億2200万
<3Q単体>
売上高:15億8900万 営利:2億8000万 経利:2億8000万 純利:1億9300万
<1〜3Q>
売上高:38億4100万 営利:3億6500万 経利:3億7900万 純利:2億5700万
<通期修正>
売上高:54億0000万 営利:5億4000万 経利:5億5000万 純利:3億6000万

//1月11日記述//
昨日はゲーセクに順番がまわってきた感じがあり、今日は少しお休み。流れが変わってきた感じがします。機関はだいぶ撤退気味ですが、信用買残はまだまだ多いでしょうか。600万株を早く切りなはれ〜。

10日には『シャニライ』グローバル版の事前登録が始まりました。グローバル版は英語と繁体字中国語にローカライズされるわけですか。企業が予測している売上というか、損益分岐点はどの程度の数字なんでしょうかね。

//1月8日記述//
んー。。今期も業績は良いと思いますが、来期につながる様な材料が意識されないと株価は動意付かないような気も(するぐらい動きませんね)。業績相場と考えるなら、優待や配当が今の水準以上をキープ出来るかどうかも重要になりそう。

そういえば、「NHK WORLD presents SONGS OF TOKYO」の中で『Aqours(声優)』が参加していました。声優さんたちは人気がありそうでしたが、2次元の方はどの程度受け入れられているんでしょうかね。どちらも込みで応援するとか?大きく箱推し的な感じでw

//1月4日記述//
日経暴騰の大発会となりました。まぁ、KLabはハズレ組に入ってしまいましたがw

需給回復まで我慢の展開ですね。。

//31日記述//
ゲーセクは需給が回復しそうでしない感じで今年を終えました。1銘柄が単独でトレンド転換なんて事は考えられないですし、いくつかの銘柄で、かつ大きめの思惑が欲しいところですね。

27日に野村とGSが報告義務消滅。信用買残もどんどん減ってきていますし、ここらでいったん様子見をする気かしら。。

18年にリリースされそうなのは『スクスタ』『幽幽白書』『中華ブリーチ』『中華シャニライ』『禍つヴァールハイト』ですかね。個人的には『禍つヴァールハイト』が気になっています。リネージュの様な「MMO(MO)」かと思いましたが、『HIT』の様な「3DRPG」の可能性もありますよね。とりあえず、グラフィックが良いと言う事はバッテリーの消費も早いので、その辺りはリリース当初から問題にならない様に工夫してもらいたいところです。

//26日記述//
結局は新相場待ちになった様な結果に。国内外共にセルランは問題無さそうですし、需給の問題でしょうか。コインに流れてしまっていますかね。。25日に信用買残が増えてしまうあたりKLabっぽいですねw

ラーメン事業に関しては、中国におけるサブリース事情がどうかわからないので、引き続き何ともわからないところです。2店舗目をFCにするのは試験的なのか本チャンなのかも謎ですね。新規事業は1年目に費用が多くかかる印象がありますが、仮にそうなら1年目でトントンな結果を出せているので、2店舗が相当コケなければ黒字もあり得ると見ています。

//25日記述//
ゲーセクがダメでしたね。節税関係のせいか結構売られてしまうという。その影響か、優待のための現引きのおかげかはわかりませんが、信用買残はやっと700万株を切りました。

明日の節税売り自体は早い段階で終わると見ていますが、権利落ちも気になるところです。優待パワーでどこまで株価を支えれるか見物ですね。

//22日記述//
朝は雰囲気が悪かったものの、75線で反発したあたりから力強い動き。5線、25線もキープ。どこの資金がゲーセクやバイオに入ってきたのでしょうかね。

そして、夜中に『ミラクロ』完全譲渡発表。事情はともかく、KLabにとっては良い判断であると思っています。可能性のある作品に選択・集中でok。

//過去の記述&修正//
個人的な見通しとして、『海外キャプ翼』『スクスタ』『幽幽白書』『禍つ』などが控えていて、利益率が低めとはいえ『中華ブリーチ』もあるわけなので、時価総額800億あたりまでは来年も含めて支えれると考えています。実力値として純利40億のPER20で。と考えていましたが、リリースした『海外キャプ翼』の調子が良いので、予想より上振れしそう。

『シャニライ』がリリースした事で、通期経常50億以上・純利30億以上はいけると見ています(3Qを見る限り、純利30億は万が一に何か無い限り突破)。レーティング3300円は時価総額1250億ほどですね。既存のゲームが現状以上&『シャニライ』成功が前提。ゲーセクが良い雰囲気で、企業が無駄な事をしないなど、色々な思惑の上限という印象です。

『シャニライ』の期待値が高すぎるのは逆に懸念材料になりそうかなと。『刀剣乱舞』『あんスタ』『A3!』なんかもすごいですし、こういうジャンルは掛け持ちが基本ですしね(割と予想に近い結果となりました。今風の絵柄のキャラが人気上位となっている事を見ても、全体としては1世代前という位置付けで見ています。今年の流行は『A3!』で間違いないと思います。王者は相変わらず『あんスタ』です)。

『キャプテン翼』は最終的には『ブレソル』の様な立ち位置に落ち着くと見ています。2Qは1Qの数字をキープするだけでも十分なぐらいなので、既存アプリの売上をカバーする程度でも売れれば成功。それ以上なら大成功(国内、海外共に成功と言っても良さそうですね。)。

あと、間接的にメリットがありそうなニュースも。『キャプ翼』が再びアニメ化される事となりました。W杯前に放映開始というのが良いですね。サッカーに注目が集まるであろう時期にアニメ放映する事で、『キャプ翼』自体を改めて、そして広く知ってもらえそうですし、ゲーム未プレイのファンをユーザーとして呼び込めるきっかけにもなりそうです。

グローバル版『キャプ翼』で、企業発表にある「全世界のプレイヤーとオンライン対戦が可能」とはどういう意味合いなんでしょうかね(1月19日にオンライン対戦実装)。国内版との連携に関しては、「4Gamer」の4月26日付けの記事で、光野Dが「海外とのオンライン対戦」について言及していました。せっかくですし実装してもらいたいですね。

<以下は企業発表より抜粋>

f:id:tomo0009:20171208203424p:plain

 
『中華ブリーチ』は崑崙ゲームスが主なので、KLabの取り分は多くないらしいです(その代わり、負担も少ないはず)。ただ、中国市場の規模を考えると、ヒットさえすれば業績に貢献しそうなレベルに達する可能性もあると見ています。9月28日にオープンβテスト開始。崑崙ゲームスのサイトの1行目にある「将于9月28日正式开启首测」の部分。

<以下は該当ページ>

昆仑游戏-国内最大的游戏研发及运营平台_客户端网络游戏_kunlun.com

 

NEW!)29年度決算発表

2月13日、平成29年度の決算発表がありました。

<3Q>
売上:73億1300万 営利:12億3700万
経常:15億8100万 純利:11億3200万

<4Q>
売上:85億3900万 営利:16億8500万
経常:10億8600万 純利:5億4000万

3Qと比べると、売上と営利はよく伸びています。既存アプリが堅調に推移しているのに加え、季節イベと、海外展開によるものですかね。経常及び純利は、貸倒引当金繰入れと為替差損が響いた感じでしょうか。

尚、4Qからは『シャニライ』がまるまる売上計上され(3Qは1ヶ月と4日ほど)、グローバル版『キャプテン翼』は約25日分が売上計上されています。

企業発表から前期成績と来期予想を抜粋したものを貼っておきます。

f:id:tomo0009:20180213170903p:plain

こちらは今期予想です。レンジ幅が広過ぎですねw

f:id:tomo0009:20180213170906p:plain


<全体は以下(企業発表)より>

http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1556206

 

ラーメン事業撤退

2月9日、「KLab Food&Culture株式会社」の保有株の全てを「フードマーケティングアジア株式会社」へ譲渡する旨を発表しました。17年度において、複数のゲームタイトルで売上を出す体制を構築出来た事で、非ゲーム事業に頼る必要が無くなったという事ですかね。

<企業発表より該当ページ>

http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?template=ir_material&sid=86864&code=3656

 

営業外費用を計上

2月9日、2017年12月期第4四半期連結会計期間(2017年10月1日~2017年12月31日)において営業外費用を計上する旨を発表しました。

<貸倒引当金の繰入れ>
繰入れ額:2億5700万。

マグノリアファクトリーの件でしょうかね。

<為替差損>
差損額:3億1100万(個別では3億3200万)。

3Qまでに為替差益5億5200万が計上されているので、通算では差益2億円(個別では1億6600万)となる見込みです。

<企業発表より該当ページ>

http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1555339



『シャニライ』世界配信開始

1月24日、『うたの☆プリンスさまっ♪Shining Live』のグローバル版と中国簡体字版がリリースされました。

<配信先>
『うたの☆プリンスさまっ♪Shining Live』:日本
『Utano☆Princesama Shining Live』:日本、中国大陸以外の※全世界
『歌之王子殿下:闪耀之星』:中国大陸

※136以上の国と地域。

『シャニライ』簡体字版 配信日決定

『うたの☆プリンスさまっ♪Shining Live』中国簡体字版(中国本土向け)の配信日が1月24日に決定しました。Pre-orderは18日から。

<以下は企業発表(簡体字だけどw)>

KLab China 《歌之王子殿下:闪耀之星》1月24日即将开启公测

 

ブロッコリー決算

『シャニライ』の取り分を考えるためのメモ。

 
【3Qまでの各分野の状況】
・コンテンツ:前年より減も、売上・利益は大きく貢献
・ゲーム:順当な売上・利益
・他社ライセンス:売上・利益は前年より増、営利は計画より減
・フィギュア:計画並
・カードゲーム:通期で赤字
・カードゲームサプライ:前年より減も営利は黒

【売上原価率】
1Q(約74%)2Q(約69%)3Q(約66%)

【決算】
<1Q単体>
売上高:7億1700万 営利:−8800万 経利:−8300万 純利:−5800万
<2Q単体>
売上高:15億3100万 営利:1億7300万 経利:1億8200万 純利:1億2200万
<3Q単体>
売上高:15億8900万 営利:2億8000万 経利:2億8000万 純利:1億9300万
<1〜3Q>
売上高:38億4100万 営利:3億6500万 経利:3億7900万 純利:2億5700万
<通期修正>
売上高:54億0000万 営利:5億4000万 経利:5億5000万 純利:3億6000万

 

グローバル版『シャニライ』事前登録開始

1月10日、『うたの☆プリンスさまっ♪ Shining Live』のグローバル版の事前登録を開始。グローバル版は英語と繁体字中国語にローカライズされるようですね。

<以下はブロッコリー発表>

http://www.broccoli.co.jp/company/inc/data/pdf/pr/180110_utapri_sl.pdf


<以下は公式ツイ>

Utano Princesama Shining Live (@shininglive_en) | Twitter

 

ミラクロ譲渡

12月22日、KLabがもつ「MIRRORS CROSSING」の配信・運営に関する全ての権利をマグノリアファクトリーへ譲渡する旨を発表。夜中の発表でしたし、、、大人の事情ってやつでしょうかね。

<以下は企業発表より>

http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?template=ir_material&sid=83981&code=3656

 

『中華ブリーチ』が中国ゲーム界のオスカーを受賞

『中華ブリーチ』こと『BLEACH境·界-魂之觉醒』が中国ゲーム界のオスカーと評される「Golden Plume Awards」に選出されました。つまりゲームクオリティは折り紙付きに(知らんけどーーー!w)。

<以下は該当ページ>

《BLEACH 境#12539;界-魂之觉醒》获最佳二次元移动游戏_奇迹新闻_风之恋奇迹私服网游资料专区fzlmu.cn

 

キャプテン翼が15年半ぶりアニメ化

KLabにとって、間接的にメリットがありそうなニュース。

12月13日、テレビ東京で『キャプテン翼』のアニメ化発表が行われました。原作に忠実な攻めた作り(w)になる一方、携帯電話の様に時代に沿った方が良い部分は現代風にしていくようです。放映開始予定は来年の4月なので、6月のW杯前という狙いすましたかの様な時期になりますね。。

<以下はオリコンニュース>

『キャプテン翼』15年半ぶりTVアニメ化 来年4月テレ東で | ORICON NEWS

 

ジャンプフェスタ出展

12日16~17日に幕張メッセにて開催される「ジャンプフェスタ2018」にKLabGamesブースを出展します。出展されるコンテンツは『マジバト』『キャプ翼』『ブレソル』です。

注目は『幽☆遊☆白書 100%本気(マジ)バトル』の最新映像がブース内で公開される事ですね。

<以下は企業発表より>

『幽☆遊☆白書 100%本気(マジ)バトル』、『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』、『BLEACH Brave Souls』が「ジャンプフェスタ2018」に出展! | ニュースリリース | KLab株式会社

 

キャプテン翼グローバル版リリース

12月5日、『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』のグローバル版である『Captain Tsubasa: Dream Team』を135以上の国と地域で配信開始。

※ 配信先に日本、中国大陸、韓国は含まれていません。

<以下は企業発表より>

『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』のグローバル版『Captain Tsubasa: Dream Team』が本日より世界中に配信スタート! | ニュースリリース | KLab株式会社

 

優待新設

KLabが提供している人気タイトルをデザインした「オリジナルクオカード」がもらえます。保有期間や保有枚数によってもらえる枚数が変わるようですね。ちなみに、もらえるカードのデザインは被る事はないものの、選ぶ事は出来ません。色々と欲しかったらいっぱい買って、長く持ってね!!って事ですねw

<受け取るための最低条件>
・毎年12月末時点で500株以上を6ヶ月以上継続して保有している事。
・初回に限り、18年3月末時点で500株以上を3ヶ月以上継続して保有している事。

<以下は企業HPの該当ページ>

http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1534802

 

特別配当

業績が良いので特別配当。というか、「ドッカンテーブル」によるアカツキショックへの対応の様に思います。2017年11月15日開催の取締役会で決議、とありますし、、、。今後の利益還元については経営状態と相談しながらという事です。

<以下は企業発表より>

f:id:tomo0009:20171115211029p:plain

 

3Qセルラン(ゲームジャンル)

左から7、8、9月の様に順番で月間順位を。()内は最高順位で、小数点以下は四捨五入しています。圏外は計測されていない可能性があります。特にAndroidは集計ロジックの関係か、きわどい順位を推移するアプリの計測は難しいですね。

参考にしたのは「AppDB」と「AndroDB」です。

ios版

『スクフェス』
3Q・・46位12位)→48位(14位)→60位(10位)
2Q・・16位(3位)→42位(11位)→43位(5位)

『ブレソル』
3Q・・108位(5位)→110位(15位)→118位(37位)
2Q・・105位(31位)→129位(23位)→124位(48位)

『キャプ翼〜たたかえ〜』(※6月12日リリース)
3Q・・48位(8位)→56位(18位)→55位(21位)
2Q・・なし(なし)→なし(なし)→28位(12位)

『シャニライ』(※8月28日リリース)
3Q・・なし(なし)→21位(11位)→28位(6位)

『天クラ』
3Q・・126位(67位)→126位(50位)→122位(59位)
2Q・・111位(59位)→125位(51位)→120位(66位)

『テイルズ』
3Q・・87位(15位)→101位(24位)→105位(29位)
2Q・・76位(25位)→102位(13位)→90位(20位)

android版

『スクフェス』
3Q・・40位(14位)→41位(17位)→55位(19位)
2Q・・21位(6位)→39位(16位)→39位(16位)

『ブレソル』
3Q・・131位(27位)→122位(24位)→144位(90位)
2Q・・148位(83位)→135位(103位)→152位(105位)

『キャプ翼〜たたかえ〜』(※6月12日リリース)
3Q・・46位(30位)→75位(36位)→58位(29位)
2Q・・なし(なし)→なし(なし)→31位(20位)

『シャニライ』(※8月28日リリース)
3Q・・なし(なし)→70位(70位)→42位(27位)

『天クラ』
3Q・・180位(167位)→188位(177位)→186位(169位)
2Q・・166位(145位)→173位(143位)→159位(123位)

『テイルズ』
3Q・・59位(30位)→80位(44位)→78位(47位)
2Q・・54位(26位)→76位(18位)→65位(21位)
 

株価と時価総額

<2月13日>
1608円・・・61,566(単位は百万円)

1900円・・・72,480
2000円・・・76,294
2100円・・・80,109
2200円・・・83,924
2300円・・・87,738
2400円・・・91,553

材料になりそうなもの(日々更新)

既存のゲームは好調ですし、これからリリースされるものも多いです。期待値の高いものが複数あるのは良いですね。

『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』

スマートフォン向けリズムアクション&アドベンチャーゲームで通称『スクフェス』。もはや説明は不要でしょうかね。4周年を迎えました。ブシロードと共同開発したものです。

トピックス

・2018年新作あり(スクスタ)。
・9月29日より、『スクスタ』スペシャルボイスPVを公開。
・11月16日、国内ユーザー2200万人突破。
・11月28日、TVアニメ1期に関連した背景が復刻!
・12月11日、「ポタフェス2017」への出展が決定。
・12月12日、『5thアニバーサリーキャンペーンガール』総選挙最終結果発表。
・12月16日より、【みとしー×スクフェスコラボ!!】
上記:11日〜(期限無し)、伊豆・三津シーパラダイス周辺にてスクフェスにログインで「おでかけプレゼント」「うちっちー限定勧誘」とか色々。
〜〜1月〜〜
・1日、「にこにこ!新春セット」販売開始。
・6日より、「おでかけプレゼント」福岡公演開催記念。
・7日まで、「qoursクラブ活動応援セット」販売
・10日まで、「お正月ログインボーナス」
・lily white限定勧誘。日ごとにタイプ別ガチャ。
・15日まで、「第3回なかよしマッチ」報酬でSR高坂穂乃果とか。
・15日まで、限定BOXガチャ「スクフェスAC1周年記念」限定UR部員も。
・15日より、【Aqours特待生勧誘[お正月編]】UR高海千歌とか。
・15日より、小泉花陽 誕生日記念。記念セットとか、ステップアップガチャとか。
・「おこりんぼ大会」開催中
・21日より、「スクスタ特番記念 カウントダウンログボ」
・26日まで、「ラブライブ!サンシャイン!!」TVアニメ2期Blu-ray 第2巻発売を記念してログインボーナスキャンペーン。
・28日、「ラブライブ!AbemaTVスクスタ特番!~スクールアイドル大集合~」
・31日より、「スクフェスウィンターキャンペーン」
上記関連で、Aqours「MIRAI TICKET」衣装に覚醒する新規Rカード9枚を追加。
〜〜2月〜〜
・3日、「ファンミ」名古屋公演。
上記関連で4日まで、「Aqoursクラブ活動応援セット~NAGOYA~」販売。
・5日より、第12回チャレンジフェスティバル開催中
・15日まで、「わくわく!福はうちセット」販売。
・15日まで、限定BOXガチャ「スクフェスAC1周年記念」

ポイント

・17年9月12日、ユーザー数は全世界4000万人突破(同一端末の重複ユーザーを除く)。
・17年11月16日、国内ユーザー2200万人突破。
・感謝祭来場者は毎年右肩上がり。
・2018年に新作『スクスタ』。
・スクフェスとスクスタは共存を目指すらしい。
・位置情報機能実装。

スクフェス新作

「ラブライブ!シリーズ」新アプリ『「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS」(スクスタ)』の2018年リリースが決まりました。注目ポイントは以下の5つ。

「9人のフォーメーションダンスによる次世代リズムアクション!」
・「すべてが完全新作!フルボイスのオリジナルストーリー!」
・「カスタマイズ性の高い新しい育成システム!」
・「連携すると、いいこといっぱい!」
・「μ’s、Aqoursが大集合!さらに、このゲーム発の新しいスクールアイドルも誕生!」

4つ目の「連携」に関してですが、先日実装された「スクフェスID」があれば、『スクフェス』のRankやプレイ状況を『スクスタ』に反映させる事が出来ます。

他にも色々な情報があるので、興味のある方は以下をどうぞ。

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル – スクフェス » 「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル新情報発表会」での新情報のお知らせ

 

『BLEACH Brave Souls』

大人気アニメ「BLEACH」を題材にしたスマートフォン向け爽快3Dアクションゲームで通称『ブレソル』。

トピックス

・公式サイトに「SPECIALページ」追加。
・11月7日より、2600万DL突破&記念キャンペーン。
※日付は運営ニュースを元にしていますが、キャンペーン開始の日を考慮すると、少しばかり日付は前後しているっぽい(以下DL達成についても同じっぽい)。
・11月13日より、育成用の「超お得なパック」実装。
・11月16日より、ストーリー「劇場版I MEMORIES OF NOBODY」配信。
・『★6育成教室』は11月から毎週開催。
・11月21日、全世界2700万DL突破&キャンペーン。
・12月17日、全世界2800万DL突破&キャンペーン。
・1月19日、サブストーリー『東仙要の正義のレシピ 総集篇』追加。
〜〜2月〜〜
・7日より、ストーリー『13篇 死神代行消失篇 後篇』配信。
・7日より、ガチャ『Valentineガチャ ミントショコラ』
・9日より、ガチャ『BRAVE SELECTION』★5ウルキオラとか。
・9日より、イベ『EXcite!!』
・10日より、『Valentineガチャ ミルクショコラ』

ポイント

・グローバル版が好調。
・全世界2800万DL突破。
・英語、仏語はFacebookの方が圧倒的にフォロワーが多い。
・毎月15日は【一護の日】で石15個配布。
・育成用の超お得なパック(毎週、毎月、1回のみ)

『天空のクラフトフリート』

スマホ向け空中艦隊アクションバトルで通称『天クラ』。4周年です。

トピックス

・10月25日、「Ver.4.0大型アップデート~魔導の力~」を配信。
・10月25日、メインストーリー2部追加。
・11月21日、ARアプリ『天空のクラフトフリートAR』リリース。
・11月27日より、『魔導シールド対応』のサポート向け★4飛行艇【アミュリア】が登場。
・12月21日、「メインストーリー第二部 ミッション2 公開」
〜1月〜
・1日より、「新年キャンペーン」
・15日より、「艦隊戦リーグ37~トーナメントⅢ予選~」
・22日より、ガチャ「特別紹介所」人気船員「クラリス」とか。
・31日、ガチャ「特別紹介所」★7ガブリエラとか。
〜〜2月〜〜
・5日より、ガチャ「バレンタイン紹介所」★7ガブリエラとか。
・9日より、4周年キャンペーン。

『テイルズ オブ アスタリア』

「交差する想いが繋がるRPG」と銘打ったスマホ向けテイルズシリーズRPG。「バンダイナムコゲームス」と共同開発。3周年。

<個別アプリごとではなく、シリーズをまとめてお届けするスタイル>

テイルズチャンネル+ (@tales_ch) | Twitter

 

トピックス

・10月26日、超大型アップデートを実施。
・10月26日、「新章カイル編〜英雄の系譜〜」を追加。
〜〜12月〜〜
・アニバーサリークエスト開催。
・7日より、「アスタリア2017年ありがとうキャンペーン」
・8日、「選抜ガチャ」にクリスマス衣装のキャラが再登場。
・15日より開封。「クリスマスプレゼントBOX」
・17日より、「テイルズの部屋2017」イベ報酬配布。
・25日より、「覚醒フェス」『テイルズ オブ デスティニー』より。
・26日より、無料召喚「2017人気キャラクターランキング召喚」
・限定クエ「謹賀新年!エルの着物大作戦」開催。
〜〜1月〜〜
・1日より、ステップアップガチャ「着物&神楽風衣装」
・1日1回限定クエスト「謹賀新年!晴れ着で初詣」開催。
・16日より、『ステステ』とコラボ
・22日より、「覚醒フェス」
・26日、新シナリオ「追憶編」公開。
・31日より、ギルドイベ「届け!チョコに隠した乙女心」
〜〜2月〜〜
・1日より、1日1回限定クエスト「愛情たっぷりチョコ作り」。
・1日より、「バレンタインガチャ」
・14日、クエ「サントラ発売記念」

『キャプテン翼〜たたかえドリームチーム〜』

スマホ向け対戦型サッカーシミュレーションゲーム。国内400万DL突破。グローバル版も2017年12月にリリース予定。

2017年6月13日にリリース。

トピックス

・事前登録235万人以上。
・6月13日リリース。
・6月22日、100万DL突破(リセマラ等込み)。
・7月4日、200DL突破。 
・9月4日、300万DL突破。
・9月13日、フレンドリーマッチ追加。
・【TGS2017】 でVR体験あり。
・10月27日、400万DL突破&キャンペーン。
〜〜12月〜〜
・4日より、キャンペーン「たたかえ蒼き戦士たち」
上記キャンペーン:ガチャ『サッカー日本代表ガチャ』
上記キャンペーンw:前園真聖さんがガチャの応援団長に。
上記キャンペーン:「無料LINEスタンプ」配布開始
・「ジャンプフェスタ2018」出展。
・15日より、【サッカー日本代表ガチャ 第2弾】
・22日より、【サッカー日本代表ガチャ クリスマスVer.】SSR岬太郎。
・22日より、イベ『超激闘!たたかえ蒼き戦士たち』
・22日より、期間限定で「全体シェアプレイ」開放。
・25日より、【サッカー日本代表ガチャ 力 Ver.】
・26日〜31日まで、「毎日夢球年越しログインボーナス」
・31日より、【超ドリームフェス 開催!】SSRリバウール、SSRレヴィンとか。
〜〜1月〜〜
・1日より、「Happy New Year キャンペーン」
・5日より、新選手追加ガチャ『全日本黄金の中盤』SSR大空翼とか。
・7日より、イベ「チャレンジロード」プレオープン。
・12日より、「ドリコレ」。【SSR】サリナス【SSR】アルベルトを追加。
・19日より、新選手追加ガチャ「激闘!アジアの強豪たち」
・26日、【新シナリオ】新章「高校生編」が公開。
・31日より、「ドリフェス」【SSR】エル・シド・ピエール。
〜〜2月〜〜
・2日より、「チャレンジロード」が正式オープン。
・9日より、「バレンタインイベント」

ポイント

・国内400万DL突破。
・ガチャ「ドリームコレクション(ドリコレ)」は限定選手が登場。
・月1の「ドリームフェス」でセルランが伸びる傾向。

『Captain Tsubasa: Dream Team』

『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』のグローバル版。135以上の国と地域にリリースする予定で、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、繁体字中国語(タイトル:足球小将翼:梦幻队伍)の6言語に対応。

トピックス

・11月20日、事前登録開始&キャンペーン開始。
・リリースは12月予定。
・12月5日配信。
・12日、100万DL達成。
・21日、200万DL突破
・22日より、「クリスマスガチャ」(のはずw)
・31日より、『ドリフェス』フェス限「ナトゥレーザ」「松山光」
〜〜1月〜〜
1日より、「Happy New Year キャンペーン」
5日より、イベ「Real Japan7」
5日より、何かのガチャw 日向の雷獣シュートがどうたら。。
19日、「Relentless Attack of the Midnight Sun」開始。
19日、オンラインモード「Tsubasa Cup」実装。

『うたの☆プリンスさまっ♪ Shining Live』

スマートフォン向けリズムアクションゲームで通称『シャニライ』。ブロッコリー【2706】と開発中。2017年8月28日より配信開始。

トピックス

・劇場版『うたプリ』決定(ここは関係無さそうですが、間接的に恩恵があるかも)。
・6月24日、事前登録開始。
・8月7日、事前登録150万人突破。
・9月1日、100万DL突破。
・11月21日、200DL突破。
・11月16日より、新機能「カメラモード」実装。
・12月より、過去ブロマイドをガチャに追加(順次)。
・12月15日、新機能「エフェクト付き背景」を追加。
・12月22日より、新形式のガチャ「5ターン撮影」。
〜〜1月〜〜
・1日より、ガチャ『謹賀新年!アイドルかくし芸大会』
・1日より、「UR確定撮影チケットセット」など販売。
・5日より、過去ブロマイド「Enjoy☆アイドル×遊園地」をガチャに追加。
・5日より、ガチャ【ピックアップ撮影】音也、真斗、那月。
・8日、「独占取材☆アイドルたちのMV撮影」予告。
・10日まで、「2018新年スペシャルログインボーナス」
・12日より、イベ「見習い陰陽師 音晴奮闘記」UR音也とか
・19日より、「独占取材☆アイドルたちのMV撮影」前半。
・19日、メインストーリーに新章追加。
・24日より、イベ「流離いの狂騒曲
・24日より、【ピックアップ撮影】ACTタイプ。
・24日、「全世界リリース記念セット」販売。
・31日より、「チアフルハピネスバレンタイン」前半。
〜〜2月〜〜
・2日より、「独占取材☆アイドルたちのMV撮影」後半。
・2日より、イベ「戸惑いの独奏者(とまどいのソリスト)」
・6日まで、「Lost Alice」をスペシャル楽曲に追加。
・9日より、イベ「Shining Valentine 2018」
・9日より、【ピックアップ撮影】トキヤとか。
・13日より、「チアフルハピネスバレンタイン」後半。

ポイント

・ガチャイベは前半と後半の半月ずつ。
・(上記により)2種類のガチャを1週間ずらす事で毎週新ガチャ。
・12月に実装された新形式のガチャ「5ターン撮影」は、11枚撮影を5回行うと、5回目は必ずURブロマイドが1枚獲得できる。
・18年1月8日(?)、テーマソング、ST☆RISH「Shining☆Romance」とQUARTET NIGHT「FORCE LIVE」のライブプレイ回数が1500万回を達成。

「Utano☆Princesama ShiningLive」

『うたの☆プリンスさまっ♪Shining Live』の英語版。日本、中国大陸以外の全世界(136以上の国と地域)で配信。

トピックス

・1月10日、事前登録開始。
・1月24日、配信開始。

『歌之王子殿下:闪耀之星(簡体字版シャニライ)』

『うたの☆プリンスさまっ♪Shining Live』の中国簡体字版(中国本土向け)

※「TGS2017」で発表された繁体字中国語版(香港、台湾、マカオなど)は別物です(IRに確認済み)。

トピックス

・11月30日、事前登録開始。
・1月24日、配信開始。

「BLEACH境·界-魂之觉醒」

伝説()のカウントダウンイベとなった「KLabGames NEXT VISION」にて『BLEACH 境・界:中国・アジア版』として出されたもので、「崑崙ゲームス」と共同開発中。キャラグラは『ブレソル』の様な2〜3頭身キャラとは違い、人の大きさをそのままミニスケールにした感じです。

※トピックス、ポイントについては「ランチ会長」さんがつぶやかれているのを参考にしている部分もあります。翻訳した情報を公表して下さってありがとうございます。

<以下は崑崙ゲームスのサイト>

昆仑游戏-国内最大的游戏研发及运营平台_客户端网络游戏_kunlun.com


<以下はTapTapのサイト>

魂之觉醒 - 搜索结果 | TapTap 发现好游戏

 

トピックス

・8月10日、中国向けに事前登録開始。
・Closedβテスト開始(8月30日まで)。
・9月28日、OPENβテスト開始。
・10月10日、OPENβテスト終了(?)。
・年内にリリース予定。
・11月27日、小規模追加(β1)テスト完了
・12月9日〜10日、CP21に出展。
・12月12日、「ゴールデンプルームアワード2017」に選出。

ポイント

・オープンβテスト初回DL割当はすぐに無くなる。

(譲渡済)『MIRRORS CROSSING』

スマートフォン向けドラマチックハイファンタジーRPGで通称『ミラクロ』。「マグノリアファクトリー」と共同開発中で、KLabがパブリッシングをします。

「マグノリアファクトリー」に権利を完全譲渡。

トピックス

・5月12日、SNS公式アカウントを開設。
・12月12日、マグノリアファクトリーに権利を完全譲渡。

『幽☆遊☆白書 100%本気(マジ)バトル』

スマートフォン向けバトルRPG(の予定)。アクセルマーク【3624】のグループ会社である「アクセルゲームスタジオ」と共同開発。通称『マジバト』。

トピックス

・TGSにおいて正式タイトル発表。
・12月に続報。
・11月7日時点で、アクセルマークの進捗状況でいう「β」段階。
・12月6日、公式ツイッターオープン。
・「ジャンプフェスタ2018」出展。
・12月16日、公式サイトオープン。

『禍つヴァールハイト』

3月25日の「KLabGames NEXT VISION」にて『Project FORCE』と題されたもの。完全オリジナルタイトルの「RPG」です。

トピックス

・TGSにて正式タイトル発表。
・9月21日、ティザーサイト公開。

『Project PARALLEL(仮)』

KADOKAWAとのメディアミックスプロジェクト。ゲームだけに留まらず、幅広い展開を行っていくというもの。楽曲制作にはJVCケンウッド・ビクターエンタテインメントが参加し、モバイルオンラインゲーム開発・運営は「オルトプラス」が参加。

トピックス

・来年3月に続報。

子会社「スパイスマート」

17年7月3日付けで子会社化。国内で行ってきたパブリッシング事業を、今後はアジア圏へ拡大していくための足がかりとするようです。国内から海外へ進出するoutboundだけでは無く、中国から国内市場へ参加する際の支援を行うというinboundの分野も意識されたものだそう。

「スパイスマート」は日本や東アジアを中心にモバイルゲームのリサーチ事業やコンサル事業を行っており、人気スマートフォンゲームの運用マーケティングツール「Sp!cemart」を提供しています。日本版に加え、中国版、韓国版、台湾・香港版もあり、国内外から好評を得ているとの事です。顧客にマーベラスやアドウェイズ。




※本文は信頼出来る情報を元にした自己見解です。内容に関する正確性の保証は出来ませんので、あしからずご了承下さい。
※投資判断、売買は自己責任でよろしく!