株の図書館

株の図書館

サイト再構築中っす!!!

MENU

ガチャ規制するにしても月5万はさすがに少なくないか?

f:id:tomo0009:20160209230431p:plain

 課金上限額は月5万に!?JOGAが自主規制へ

JOGA(日本オンラインゲーム協会)「課金上限額を設けた」という報道がなされました。

この報道により、ユーザーを始め、ネット掲示板などで大騒ぎとなりました。
しかし、報道されたものとJOGAの設けたガイドラインとはズレがあったようです。

 

報道内容をJOGAが訂正する事態に!?

以下は、「朝日新聞デジタル」が24日付けで発表したものです。

スマホ向けソーシャルゲームで高額な課金が問題になっている有料くじの「ガチャ」について、業界団体「日本オンラインゲーム協会」は24日、課金上限額を5万円とし、当たりの確率を明示することなどを柱とした自主規制をまとめた。

加盟社だけでなく、主要なソーシャルゲーム事業者が参加するモバイル・コンテンツ・フォーラムにも順守を求める。

改正したガイドラインによると、

①ガチャで希望するアイテムを得るまでの推定総額は1回あたりの課金額の100倍まで、または上限額5万円


②アイテムは種 別に当たる確率を明示


③社内に運用責任者を定めアイテムの確率設定などを記録に残す――などとしている。


4月から実施する。

 
全文はこちら

「ガチャ」課金、上限5万円に 業界団体が自主規制へ:朝日新聞デジタル


この報道に対して、「JOGA(日本オンラインゲーム業界)」が改めてガイドラインの主旨を発表しました。

 

【ガイドライン上の該当事項】
3. 有料ガチャの設定に関する事項
(1)有料ガチャにおいてガチャレアアイテムを提供する場合、以下のいずれかを遵守するものとする。

a. いずれかのガチャレアアイテムを取得するまでの推定金額(その設定された提供割合から期待値として算定される金額をいう)の上限は、有料ガチャ1回あたりの課金額の100倍以内とし、当該上限を超える場合、ガチャページにその推定金額または倍率を表示する。

b. いずれかのガチャレアアイテムを取得するまでの推定金額の上限は50,000円以内とし、当該上限を超える場合、ガチャページにその推定金額を表示する。

c. ガチャレアアイテムの提供割合の上限と下限を表示する。

d. ガチャアイテムの種別毎に、その提供割合を表示する。

全文はこちら

日本オンラインゲーム協会

 
つまり、課金そのものの上限金額ではなく、いずれかのレアアイテムを取得するまでの「推定金額」を定めたというもの。

また、「確率の表示」に関しては、上記の4つのガイドラインのうち、いずれかの条件を満たすことを求めているという事らしいです。
 

関連銘柄への影響

ミクシィ【2121】gumi【3903】、上場したてのアカツキ【3932】など一部の関連銘柄が売られる結果となりましたが、今のところは限定的な下げ幅となっています。

ガイドラインの内容を吟味した結果、それほど大した事ではないのでは?という市場の判断でしょうか。

内容を見る限り、どのようにも抜け道がありますしね(笑)例えば「1アイテムに付き5万が上限」という事なので、アイテム自体を大量に作ってしまえば問題ありませんし。5万で確定なら、喜んで課金する層がいるでしょうね。

今後も注意は必要

今回の報道に関して注目する点は課金問題が明記されたという事かなと思っています。

スマホ向けのソーシャルアプリをメインにしている企業にとって「ガチャは生命線」とも言えます。だからこそ、そういった銘柄を中心に株価は反応しました。

「ガチャ規制=収益悪化=株価下落」というイメージが出来てしまいますわな、、、

今後、そのような企業が著しく不利益を被る様なガイドラインを設ける事はしないでしょうが、世論の影響で規制せざるを得ない状況も無いとは言い切れません。思惑で株価がネガティブに動く事もあるでしょうし、注意をしておく必要がありそうです。

※本文は信頼出来る情報を元にした自己見解です。内容に関する正確性の保証は出来ませんので、あしからずご了承下さい。