株の図書館

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株の図書館

サイト再構築中っす!!!

MENU

最近、気になるマザーズ指数とやら

f:id:tomo0009:20160209230431p:plain


「ニュース」って程でも無いんですが、知っておいて損は無いと思うので書いてみようと思います。

買われる新興市場、どこまで伸びるのか

ここ2ヶ月間におけるマザーズ市場の急騰には目を見張るものがありますね。12日のマザーズ市場でも、一時07年3月以来の水準まで上昇。過熱感を警戒してか、さすがに午後は急落しましたが、現在の世界経済情勢が続けば、まだまだ新興市場に資金が集まりそうですが、、、

そもそも、ジグソー【3914】そーせい【4565】アカツキ【3932】を始めとした話題銘柄が多い事も、伸びの原因となっていそうです。

チャート的には天井?

再び盛り上がりを見せ始めた2013年以降のチャートで判断すると、「高値圏」に入ったと言え、「天井」に見えなくもない状態です。

個人的には「マザーズ指数」なんてものはそこまで気にする必要は無いと思っていますが、上記の様な事にかけて、「売りを仕掛けてくる」なんて事も当然あり得ます。後場の急落はそういった意味での「売り」が入った可能性もあるので、注意はしておきたいですね。

サミット、選挙の影響も頭に入れておきたい

5月後半には伊勢志摩サミットが開催され、7月には衆参員選挙が行われる予定です。この大イベントを意識した「政府の動き」にも注意を払っておく必要がありそうです。

仮に株価対策になるような動きがあり、それを市場がポジティブに受け取った場合には「日経平均株価」も上昇する事が考えられます。つまり、資金の流れが新興市場から東証1部へ移る可能性があるので、日々の政府の動きにも注目しておきたいですね。



※本文は信頼出来る情報を元にした自己見解です。内容に関する正確性の保証は出来ませんので、あしからずご了承下さい。
※投資判断、売買は自己責任でよろしく!