株の図書館

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株の図書館

サイト再構築中っす!!!

MENU

95%は楽しめなかった?初のプレミアムフライデーの現実。

想像以上に低かった。

まぁ、サービスを提供する側は逆に忙しくなるわけで。

中小企業なんかは導入すら難しそう、、、。

時給の仕事に就いてる人にとってはお給料マイナスだし。

面白い取り組みだとは思うけど、普及させるには社会の仕組み自体を変えないと難しい気がするなぁ。

プレ金の満足度は、、、なんと5%のみ!!

f:id:tomo0009:20170228230137p:plain

TVの街頭インタビューを見ていても、プレ金導入の企業に務めている人を見つけるまでに結構な時間がかかっていました。ネットやツイッターの発言を見ていても、厳しい現実というか、このままだと到底普及しなさそうな雰囲気。月末の金曜といえば、サービスを提供する側にとっても書き入れ時なはずですが、これは想像以上に低い数字が出ましたね。

以下は「日経」の記事。

プレ金、実際どうだった? 経産省の目論見外れる皮肉な結果に「自分には関係ない」

月末金曜日は午後3時に退社し余暇を楽しもう-。停滞する消費を押し上げようと経産省が旗振り役となり、2月24日に鳴り物入りでスタートした「プレミア ムフライデー」。株式会社VSN(東京都港区)が実施した実態調査では、半数近くの人が「自分には関係ない」と他人事で、実際当日にイベントなどを楽しん だ人はわずか5.0%だった。「今回は様子見」とひとまず見送った企業も少なくなかったようで、「中小企業はとてもじゃないけど無理」といった嘆き節も。 消費を促したい経産省の目論見は外れ、「アフター3」を満喫した人は少数だったようだ。

 調査は20代から50代の働く男女1704名を対象に、2017年2月24日~26日に実施。プレミアムフライデーの認知度や取り組みへの感想、当日の予定などを聞いた。

小売や飲食業では特別企画が続々と打ち出され連日テレビを賑やかせたためか、プレミアムフライデーを「知っている」と答えた人は88.8%と性別・年代問わず高い認知率となった。

 しかし、当日の予定を聞いた質問(複数回答)では「特に何もしなかった」が43.9%でトップ。次いでなんと「仕事」が35.0%に対し、当日にキャン ペーンやイベントを楽しんだ人はわずか5.0%。特別な予定を立てないならまだしも、多くの人は仕事から解放されることもできない皮肉な結果となった。

 またプレミアムフライデーの取り組みをどのように感じているかを聞いたところ、「いい取り組みだと思うが自分には関係ない」が47.8%と、次点の「い い取り組みだと思う」の25.3%を大きく離して最多となった。概ね肯定的に捉えられているようだが、定着にはもう少し時間がかかりそうだ。

 
株取引をする上で、どの分野にプレ金の恩恵がもたらされるのか注目していましたが、イベントが不発だったのか、現時点では参考になるニュースは無く、、、。飲食、百貨店、旅行会社等の売上には特別影響が無かったのかも知れませんね。にぎわっていれば、そういうニュースが流れていてもおかしくはありませんし。

まぁ、初めての事なので課題盛りだくさんなのは仕方が無い事かも知れません。国も普及させるためにあれこれ手を打って来るはずなので、その動きに注目!!




※本文は信頼出来る情報を元にした自己見解です。内容に関する正確性の保証は出来ませんので、あしからずご了承下さい。
※投資判断、売買は自己責任でよろしく!