株の図書館

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株の図書館

サイト再構築中っす!!!

MENU

「まさかの内定取り消し...」から一転!!『てるみくらぶ』内定者に救いの手

社員80人しかいないのに内定者50人。

て、てるみちゃん、、、無茶しやがって(´・ω・`;)

内定取消になってしまったけど、入社後だともっと悲惨だったかも知れないし。

支援してくれる方もいるわけなので、前向きに頑張って欲しいな。

 

「希望があれば採用する」企業が相次いで受け入れを表明

f:id:tomo0009:20160209230431p:plain

発券トラブルから破産手続きの一連の流れで世間を騒がせている『てるみくらぶ』。破産手続きをした27日、2017年4月1日に入社予定であった約50人の新卒内定者は、入社5日前に突如として内定取り消しを言い渡されます。内定者にとってはまさに青天の霹靂だったようで、途方に暮れる声も多く聞かれました。

この様な状況の中、内定取消者の悲惨な声に応じるかの様に、企業が相次いで受け入れを表明。法律事務所の『アディーレ法律事務所』、警備会社の『JSS』、宿泊産業支援の『JALF』の3社は「希望さえあれば無条件で採用」とし、オンライン旅行事業の『アドベンチャー』は「緊急措置として通常の採用プロセスとは違い採用までスピーディーに対応する」という対応に加えて、海外渡航中の旅行者に対しては「無料相談窓口を設ける」と発表しました。

※今回の記事はアドベンチャー【6030】も関わっているので書いてみました。

厚労省も緊急窓口を設置

29日、厚生労働省では『てるみくらぶ』の内定取消者に対して、就職支援に関する特別相談窓口を、東京と大阪の「新卒応援ハローワーク」に設置しました。





※本文は信頼出来る情報を元にした自己見解です。内容に関する正確性の保証は出来ませんので、あしからずご了承下さい。
※投資判断、売買は自己責任でよろしく!