株の図書館

株の図書館

サイト調整中です(勝手におかしくなってつれぇわ)。

MENU

任天堂「ポケモンGOが業績に与える影響は限定的です」

決算(27日)前のIR。

国内配信初日のこのタイミングで発表するとは、、、

まぁ、「任天堂」自身も、こんな状況になるとは思っていなかったんだろうね(笑)

もっと早めに出すべきだったような気もするけど。

ホルダーは悲惨な週末だねぇ。

 

 

加熱するポケモノミクス、任天堂が業績予想への影響についてコメント

f:id:tomo0009:20160723003619p:plain

任天堂【7974】は22日、『ポケモンGO』の配信による当社の連結業績予想への影響について、コメントを出しました。

世界で爆発的な人気となり、日本でも配信されるやいなや、驚異的なダウンロード数を見せている同アプリ。そのアプリと密接な関係であろうと思われた任天堂の株価は急騰し、どれぐらいの売上になるのか注目が集まっていましたが、、、

保守的ですね。
というか、本当に取り分が少なかったりして(笑)

 

『ポケモンGO』は連結業績に与える影響は限定的

『ポケモンGO』自体は、米「Niantic」が開発、配信を行っており、任天堂の関連会社である「ポケモン(株)」が、ポケットモンスターの権利保有者としてライセンス料と開発運営協力の対価を受け取る形となっています。

その「ポケモン(株)」は、任天堂が議決権の32%を保有する持分法適用関連会社であるため、「連結業績に与える影響は限定的」になるとの事です。

『ポケモンGO Plus』は連結業績予想に織り込み済み

『ポケモンGO』と連動する専用デバイス『ポケモンGO Plus』に関しては、任天堂が製造、販売を行っていくようですが、これらは、既に平成28年4月27日に公表済みである「連結業績予想に織り込み済み」だそうです。

当業績予想の修正は行わず

間近の状況を考えても、当業績予想の修正は行わないとの事です。今後、業績予相の修正が必要になった場合には、適時開示するようです。

まぁ、配信されたばかりですし、修正は出来ませんよね(笑)

もはや任天堂を中心に動いていないかもしれない

任天堂を中心に動いていた『ポケモンGO』相場も、アプリが配信されてしまった事で「モバイルバッテリー関連」や、「玩具関連」、「アプリ攻略関連」、「sim関連」など、アプリをプレイする上で恩恵を受けそうな銘柄に投資家の視線が移行している様にも見えます。

実際、任天堂に連動していない銘柄も増えてきましたし、「周辺銘柄」の多くは、仮に「課金(セールス)」が伸びなくても、ユーザー数さえ増えれば恩恵が得られるというのもメリットでしょう。

週末のランキングに注目

まぁ、これだけ話題になれば1位(23日0時現在)は当然の結果ですが。週末の間、圧倒的な強さを維持出来るかどうかも注視しておく必要はありそうです。

勢いがあるかどうかで週明けの相場の取り組みを決めていきましょう!


※本文は信頼出来る情報を元にした自己見解です。内容に関する正確性の保証は出来ませんので、あしからずご了承下さい。
※投資判断、売買は自己責任でよろしく!