株の図書館

株の図書館

サイト調整中です(勝手におかしくなってつれぇわ)。

MENU

フィンテックをざっくりと知る

最近、よく見かける様になった「フィンテック」という言葉。
筆者も「フィンテック」について色々と調べたりしましたが、、、

みんな、よく調べてあるなー!!

 


いや、本当によく勉強しているというか、フィンテックを専門分野として仕事でもしているのかと思うぐらいです(実際にはされているもいるんでしょう)。
ただ、だからこそ思った事もあり、、、

普段の生活レベルではほどほどでも良いんじゃないか?

より詳しく知りたい人はきちんと説明をしてくれている書籍なりネット記事を見れば良いし、そこそこで良い人はそれに見合った調べ方をすれば良い。

ざっくりと知れればそれで良いよ

ここではそういう方に向けて書いてみようと思います。

 

次世代の金融サービス

「FinTec(フィンテック)」とは金融(Financial)と技術(Technology)を組み合わせた造語で、「IT(情報技術)を使った金融サービスの展開」を指します。従来、金融機関が行ってきた資産管理や決済、送金などの金融サービスを「ITを使用する事でもっと便利にできないのか?」という流れで出来た分野です。

発展するきっかけ

フィンテックが発展するきっかけになったと言われているのが2008年に起こった「リーマンショック」です。リーマン・ブラザーズの破綻をきっかけに世界的な経済不安を引き起こしました。そんな事もあってか、従来の金融のあり方に不満をもった投資家達が「ITの活用」によって新しいやり方を模索し始める事となりました。
また、「スマートフォン」が普及した事で、フィンテックの成長はより早くなったと言われています。

提供されている、される可能性のあるサービス

現在、提供されているフィンテックのサービスは多々あります。次にあげるのは、そのサービスの中でも身近で体感出来る、または体感出来る可能性のあるサービスの一例です。

・キャッシュカード

これからはキャッシュカードを持ち歩く必要が無くなります。スマホにキャッシュカ
ード機能を搭載。カードが無くても、スマホをかざすだけでATMの利用が可能に。

・クレジットカード

クレジットカードも持ち歩く必要はありません。複数のクレジットカードを1つの端松で管理、使用が可能になります。もう、カード系のものは机の引き出しにでも食べさせておいて下さい。

・モバイル決済

店舗にある専用の端末にスマホをかざすだけでクレジットカード決済が可能。暗証番号の入力や署名の必要が無くなります。(企業の取り組みの一例として、Appleが提供しているApple Payではセキュリティーの安全性を高めるために指紋認証を採用しています。)

・家計簿を全自動管理

銀行口座の入出金の管理、カードの使用履歴、カテゴリー分類まで自動で管理してくれます。筆者も実際に使用していますが(この手で有名なマネーフォワード)想像を超えるものでびっくりしました。正直なめてました、すみません(笑)


他には、海外送金の手数料が大幅に安くなる取り組みがなされたり、個人間融資がネット上で行えたり(ソーシャルレンディング)。特にモバイル決済の分野においては、Apple、Google、amazon、PayPal、intuitの五社がモバイル決済の連盟を立ち上げるほどで、これから展開されるサービスに期待が出来そうです。

日本でのフィンテックはこれから

欧米などではどんどん新サービスが展開され、急成長しているフィンテック。しかし、日本ではまだまだ浸透していません。つい最近まで、金融に対する規制が厳しかったためです。しかし、金融に対する規制緩和も行われ、日本でのフィンテックビジネスを後押しする環境が整えられつつあります。

最後に

日本ではまだまだ浸透していないフィンテック。でも、その波が押し寄せて来るのはもう時間の問題だと思っています。気がつけば周りはフィンテックで溢れているはずです。だって、いったん便利なものに触れると手放せなくなるんですよね、人間は。携帯やスマートフォンなどがそうであったようにです。